Dreamweaver CC入門

Webサイトの準備

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Webサイトの制作の流れと準備について学びます。
講師:
03:30

字幕

このレッスンでは Web サイトの準備と手順について解説します。まずは Web サイトを作る時の手順を確認しましょう。Web サイトを作る時にはこのような手順で作っていきます。それぞれを確認していきます。まず1つ目に目的を決めるということです。Web サイトを作る時に1番最初に考えるのは誰にどうしてもらいたいのかということです。お店に直接来てもらいたいであったりオンラインショップで商品を買ってもらいたいなどです。それ以外にも企業サイトでしたらお問い合わせを増やしたいということもあるかもしれません。このようにまずはしっかりと目的を決めておくということが成功のカギです。続いて目的に合わせた内容も決めていきます。内容が決まったらページ構成を設計します。専門用語でサイトマップと言ったりします。どのようなページ構成にするのかを考えます。どういうページを何ページ作るのかそれぞれのページにはどのような内容を掲載するのかなどしっかり計画していきます。そしてその後に、それぞれのHTML ファイルも決めておきます。続いて、サイトマップに沿って必要な材料を集めます。Web ページの約8割は文章などの文字なのでまずはしっかり文字原稿を作っていきます。 その原稿に合わせた写真やイラストを用意するととても効率的です。続いて、目的やサイトマップに合わせた見た目の計画をします。いわゆるデザインの部分です。Web ブラウザで見た時にどのような見た目にするのかを予め決めておきます。Photoshop や Illustrator などのグラフィックソフトを使ってページ全体のレイアウトだけでなく文字の色や大きさ、リンクボタンやロゴマークなどのページ全体のバランスを見ながら作っていきます。この後にサイトフォルダーを準備します。Web サイトを作る時に事前にHTML ファイルや画像ファイルなどWeb サイトに必要な全てのファイルを1つのフォルダーに纏めて管理します。この纏めたフォルダーのことをサイトフォルダーと呼びます。サイトマップやデザインの計画を基に文字原稿だけでなくデザインに合わせて大きさや色を調整したロゴや写真やボタンなどの画像も予め準備しておきます。画像ファイルはIMG フォルダーなどに纏めておくと後でファイルを探しやすく管理しやすくなります。ここまで来たらようやく Web サイトやページの作成に入ります。HTML ファイルを作成しWeb ページの情報に意味をつけていくHTML のマークアップ予め計画していたデザインをWeb ブラウザーで再現する為のCSS コーディングなどです。 これで完成です。ということで、Web サイトはこのような手順で作っていきます。この中で「HTML のマークアップ」以降がDreamweaver での作業になります。このレッスンでは Web サイトの準備と手順について解説しました。

Dreamweaver CC入門

DreamweaverはWebサイトに関係するHTMLファイルやCSSファイルなどを効率よく作成できるアプリケーションです。このコースではDreamweaverを使ってみたい、使ってみたけれどよくわからないという方に向け、サイト設定やHTMLのマークアップなどの基本操作を紹介します。またWebサイトを制作するために必要な知識も一緒に解説します。

1時間41分 (42 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月01日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。