Museを使ったレスポンシブWebサイト制作

レスポンシブとSEOの関係

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レスポンシブデザインなどのモバイルデバイス対策が、検索エンジンへの対策にどのように重要かを解説します。
講師:
03:23

字幕

このレッスンではサイトをモバイル対応にすることの重要性について解説します。自分の Web サイトをレスポンシブデザイン等のモバイル対応にする重要性ですね、そのうち最も大きいのはもちろんサイトを見てくれた人がスマートフォンやタブレットでも快適に視聴できる、そうしたユーザーフレンドリーの面がもちろん大事です。そしてそれと並ぶぐらい大きな理由としてSEO つまりSearch Engine Optimization検索エンジン対策という面もあります。今、画面の方にはGoogle の検索結果が出ています。こうした Google 等の検索エンジンでキーワードで検索した場合その中でなるべく高い順位に来てくれた方がより多くのユーザーをサイトに呼ぶために有利となります。そうした順位が決まるための大きな理由の1つとしてどれだけモバイル機器スマートフォンやタブレットにきちんと対応しているかそれも大きな要素として勘案されます。では、それがちゃんとどれぐらい効いてるのか実は図るツールがあってGoogle 自身がこんなツールを用意しています。「モバイルフレンドリーテスト」というサイトですね。ここは「モバイルフレンドリーテスト」と入れて検索するとすぐ来ることができます。 このツールの中で自分のサイトのアドレスを入れて分析と実行してやるとサイト内の要素が解析されてもしモバイル機器への対応が問題なければ、問題ありません。「このページはモバイルフレンドリーです。」と、この様に表示されます。これが問題ないと解析されていればこれは優良なサイトと判断されてより同じキーワードで検索された時に上の方に順位が来やすくなるそうした特徴があります。一方、全くレスポンシブなどの対策を行ってないサイトの場合はこの様に「モバイルフレンドリーではありません」という表示になってしまって様々な理由が書いてありますが内容がちょっと問題があると判断されてしまって、同じキーワードでもあまり上に上がってきづらいという状態になってしまいます。この様に如実に判定される結果が違ってくるのでサイトをレスポンシブにするなどして完全にモバイルに対応した表示にしておくことそれは検索エンジン対策として大変重要な要素となります。検索エンジンへの対策SEO 対策としては例えばキーワードをいっぱい入れるとか様々に言われることがありますがその一番基本的な部分としてモバイル対応というのは大きな要素となっています。是非、これからゼロからサイトを作る際ももちろんのこと既存の Muse を使って作った Website もこれを機にモバイル対応に直すことをお薦めします。

Museを使ったレスポンシブWebサイト制作

Museを使うと、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスで快適に閲覧できるレスポンシブWebサイトを簡単に作成することができます。このコースではレスポンシブWebデザインの基礎知識やMuseを使ったメニューのカスタマイズ、オブジェクトのスケーリングや画面の幅に応じた再配置、デザインの調整に付随する問題の解決方法などを学びます。

1時間04分 (13 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月07日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。