Excel 2016 入門

Excel 2016を起動する、終了する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Excel 2016 の作業をスムーズに開始・終了するための起動手順と終了手順を解説します。
03:04

字幕

このレッスンではExcel 2016の作業をスムーズに開始、終了するための起動手順と終了手順を解説します。ではExcelを起動する操作から見ていきましょう。タスクバーのスタートボタンをクリックします。スタートボタン左下の「すべてのアプリ」をクリックします。インストールされているアプリケーションの一覧が表示されますのでEの欄のExcel 2016をクリックします。これでExcelを起動することができました。Excelを起動するとタスクバーにはExcelが起動中であることを示すアイコンが表示されます。Excelを起動した直後の画面をExcelのスタート画面と言います。スタート画面の左には最近使ったファイルの一覧が、そして右にはお薦めのテンプレートが表示されます。テンプレートの中から「空白のブック」というテンプレートをクリックすると新規作成で新しいブックを準備することができます。では続いてExcelを終了する操作を見ていきましょう。Excelを終了するには画面右上の閉じるボタンをクリックします。これでExcelを終了することができました。タスクバーのExcelのアイコンも非表示となります。では次にExcelを素早く起動するためのアイコンやタイルをタスクバーやスタート画面にピン止めする操作を見ていきましょう。 ではスタート画面にExcelを起動するためのタイルを追加しましょう。スタートメニューの左下の「すべてのアプリ」をクリックし、アプリケーションの一覧からExcel 2016 を右クリックします。「スタート画面にピン止めする」をクリックします。これでスタート画面にExcelのタイルを追加することができました。こうしておくとExcelのタイルをクリックするだけで素早くExcelを起動することができます。では次に、タスクバーにExcelを起動するアイコンを追加しましょう。スタートボタンをクリックし「すべてのアプリ」をクリックします。Excel 2016 を右クリックし「タスクバーにピン止めする」をクリックします。これでExcelを起動するアイコンをタスクバーに追加することができました。追加したExcel のアイコンをクリックすることでExcel を素早く起動することができます。タスクバーのアイコンやスタートメニューのタイルは右クリックすることでピン止めをはずすことが可能です。このレッスンではExcel 2016 の作業をスムーズに開始、終了するための起動手順と終了手順を解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。