Excel 2016 入門

既存のブックを開く・閉じる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブックを開く・閉じる操作を解説します。既存のブックを閲覧・編集するには対象となるファイルを開いて作業し、目的の作業が済んだらファイルを閉じます。
02:50

字幕

このレッスンでは、ブックを開く操作と閉じる操作を解説します。Excel を起動した直後のスタート画面が表示されています。では、ブックを開く操作から見ていきましょう。スタート画面左の「他のブックを開く」をクリックします。開くの一覧から「参照」をクリックします。「ファイルを開く」のダイアログボックスが表示されました。これから開くブックは「01」のフォルダに保存されていますので01 のフォルダをダブルクリックで開きます。Chapter_1 のブックを開きます。ブックをダブルクリックかクリックで選択し下にあります「開く」ボタンをクリックします。これで目的のブックを開くことができました。開いたブック名はタイトルバーに表示されます。タイトルバーに、Chapter_1 と表示されたことを確認しましょう。また、タスクバーの Excel のアイコンにマウスポインタをポイントすると、開いているブックをサムネイル表示することができます。では次に、Excel は終了せずに開いているブックのみを閉じる操作を見ていきましょう。この時、Excel の閉じるボタンをクリックするとExcel を終了することとなります。よって、開いているブックのみを閉じるにはどうするか見ていきましょう。 「ファイル」タブをクリックします。左のメニューから「閉じる」をクリックします。これで Excel は終了せずに開いているブックのみを閉じることができます。では次に、最近使用したアイテムから素早くブックを開く操作を見ていきましょう。先ほど使った Chapter_1 を開きます。「ファイル」タブをクリックします。左のメニューから「開く」をクリックします。「最近使ったアイテム」が選択されていることを確認し右には、最近使用したファイルが一覧表示されます。ここで Chapter_1 が表示されていますね。では、Chapter_1 をクリックします。これで、先ほど使用したChapter_1 のブックを素早く開くことができました。このように「ファイル」タブをクリックして「開く」をクリックして表示される「開く」の一覧では「参照」をクリックしてダイアログボックスを使って使用するブックを指定して開いたり最近使ったアイテム一覧から以前使用したことがあるブックをクリック操作で素早く開くこともできます。このレッスンでは、ブックを開く操作と閉じる操作について解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。