Excel 2016 入門

Excel 2016の画面構成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Excel 2016 の画面構成について解説します。各要素の正式名称や役割を知ることで操作の理解度が増し、学習効率がより向上するでしょう。このレッスンは重要です。
06:40

字幕

このレッスンでは、Excel 2016 の画面構成について解説します。各要素の正式名称や役割を知ることで学習効率がより向上するでしょう。使用するブックは、Chapter_1 です。このブックにはワークシートが5枚作成されています。この中からアンケート結果のシート見出しをクリックしてアンケート結果のシートをアクティブシートにしておきましょう。では、Excel の画面構成を上のほうから見ていきましょう。画面の一番上の細長い領域をタイトルバーと言います。タイトルバーには、使用しているアプリケーション名と開いているファイル名が表示されます。使用しているアプリケーションはExcel です。Excel では、ファイルのことをブックと言いますのでブック名の Chapter_1 が表示されています。タイトルバーの左端にあるのがクイックアクセスツールバーです。このクイックアクセスツールバーには使用頻度が高いコマンドのボタンを配置しておくことができます。タイトルバーのすぐ下の少し幅広の横長の領域に注目しましょう。こちらをリボンと言います。このリボンは、重要な構成要素でExcel で実行できるコマンドが機能ごとに分類されて各タブに配置されています。 ホームタブには、普段よく使用するコマンドのボタンが挿入タブには、図を挿入したりグラフを挿入するようなボタンが用意されています。各タブは、タブ見出しをクリックして切り替えることができますので覚えておきましょう。通常はホームタブを選択しておきます。また、タブの中の一番左端ファイルタブをクリックするとバックステージビューを表示することができます。バックステージビューにはファイルに関する情報とファイルを操作するためのコマンドの一覧が表示されます。バックステージビューを閉じて通常の画面に戻るにはバックステージビュー左上の左向き矢印をクリックします。これでバックステージビューを閉じて通常の画面に戻ることができました。また、リボンに表示されるタブは状況によって変化します。例えば、ワークシート上のグラフをクリックで選択しましょう。すると、リボンに変化が現れました。グラフツールのデザインタブと書式タブが表示されます。このように、状況に合わせて必要な場合にだけ表示されるタブのことをコンテキストタブと呼んでいます。今、グラフを選択したのでグラフを編集しようとしているとExcel が自動認識し自動的に表示されます。 このグラフツールを使ってグラフを編集することができます。グラフの選択を解除するとグラフツールは自動的に非表示となります。このように、状況に合わせて必要な場合にだけ表示される、タブがありますので覚えておきましょう。例えば、写真を選択すると図ツールの書式タブがSmartArt を選択するとSmartArt ツール等が表示されます。また、リボンは折りたたむことができます。リボン右下の「リボンを折りたたむ」というボタンをクリックするとこのようにリボンを折りたたんで編集領域を広くして使うことができます。リボンが折りたたまれている時には各タブ見出しをクリックすることで該当するタブを表示することができます。リボンを固定状態に戻すにはリボン右下の先ほど折りたたんだボタンが「リボンの固定」ボタンに変化していますので「リボンの固定」ボタンをクリックします。これで固定状態に戻すことができました。では、その他の構成要素も見ていきましょう。リボンの下の左端にあるのが「名前ボックス」です。名前ボックスにはアクティブセルの位置が表示されます。今は、A1 のセルにアクティブセルがありますのでA1 と表示されていますね。 アクティブセルを移動するとそのアクティブセルを移動した位置が名前ボックスには表示されます。名前ボックスから左に行った所にある「fx」というボタンこちらは関数の挿入ボタンです。関数を使った数式を挿入する時に使います。その右にある、細長い領域が「数式バー」です。数式バーには、アクティブセルの内容が表示されます。今、A1 にアクティブセルがありますのでA1 に入力されている文字情報を数式バーで確認することができます。数値が入力されているセルがアクティブセルになると数式バーには数値が、数式が入力されているセルがアクティブセルになると数式バーには数式が表示されます。数式バーの下にあるのが列番号です。列番号はアルファベットで表示されています。画面の左端にあるのが行番号です。行番号は数字で表示されています。画面の右端にあるのがスクロールバーです。垂直方向にスクロールするスクロールバーを垂直スクロールバーと言い水平方向にスクロールするスクロールバーを水平スクロールバーと言います。垂直スクロールバーの下向き三角をクリックするか下向き三角を押さえたままにすると下に上向き三角をクリックするか上向き三角を押さえたままにすると上にスクロールすることができスクロールボックスをドラッグして素早くスクロールすることもできます。 水平スクロールバーも使い方は同じです。右向き三角や左向き三角を使って水平方向にスクロールできます。画面の一番下にあるのがステータスバーです。ステータスバーには、状況に合わせて様々なメッセージが表示されます。ステータスバーの右端にあるのがズームスライダーです。プラスのボタン、拡大ボタンをクリックして拡大して、細かい所をチェックしたりマイナスのボタン、縮小ボタンをクリックして画面を縮小して、全体のバランスを確認することができます。また、右端の何パーセントという項目をクリックして表示されるズームのダイアログボックスを使って倍率を指定することもできます。このレッスンでは、Excel の画面構成について解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。