Excel 2016 入門

アクティブセルを移動する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
アクティブセルの移動について解説します。アクティブセルとは現在選択されているセルのことです。キーボードやマウスを使ってすばやくアクティブを移動することができます。
04:17

字幕

このレッスンでは アクティブセルの移動方法について解説します。マウスやキーボードを使って効率よくアクティブセルを移動する方法を幾つか紹介します。使用するブックは Chapter_1です。このブックの「管理表のシート」をアクティブシートにしましょう。まずはマウスを使ってアクティブセルを移動する操作から見ていきましょう。マウスでクリックしたセルがアクティブセルになります。アクティブセルは太枠で囲まれます。アクティブセルの位置は名前ボックスに表示されます。では 次にキーボードを使ってのアクティブセルの移動を見ていきましょう。キーボードの矢印が表記されているキーを方向キーと言い方向キーを使って1つずつアクティブセルを移動させることができます。右向き方向キーを押すと右に左向き方向キーを押すと左に下向き方向キーを押すと下に上向き方向キーを押すと上にアクティブセルが移動します。また、キーボードの Enter キーでアクティブセルを下に移動させることができます。Enter キーを押すごとにアクティブセルが1つずつ下に移動します。また Shift キーを押さえたままEnter キーを押すとアクティブセルを上に移動させることができます。 キーボードの Tab キーを押すとアクティブセルを右に移動させることができキーボードの Shift キーを押さえたままTab キーを押すとアクティブセルを左に移動させることができます。その他にも、大幅にアクティブセルを移動させる便利なキー操作がありますので見ていきましょう。では アクティブシートを切り替えます。「売上一覧」のシート見出しをクリックして「売上一覧」のシートをアクティブシートにしましょう。ここには縦長の表が作成されてます。そこでアクティブセルを表の一番端に移動させたい場合キーボードを使って簡単にアクティブセルの移動が可能です。見ていきましょう。では 表内の任意のセルをクリックしてアクティブセルにします。表の一番下にアクティブセルを移動してみます。キーボードの Ctrl キーを押さえたまま下向き方向キーを押します。では Ctrl キーを押さえて下向き方向キーを押しましょう。すると `この様に表の一番下端までアクティブセルがすばやく移動しました。Ctrl プラス いずれかの方向キーを使ってアクティブセルを連続してデータが入力されている一番端まで移動させることができます。但し方向キーを押しすぎないようにしましょう。 Ctrl キーを押さえて方向キーを押しすぎるとこの様にワークシートの一番端までアクティブセルが移動してしまいますので、注意が必要です。もしこの様になってしまった時にはアクティブセルを A の 1 に戻すという便利なキー操作がありますので見ていきましょう。キーボードの Ctrl+Home キーです。では キーボードの Ctrl キーを押さえてHome キーを押します。これでアクティブセルがどこにあってもA の 1 に戻る様になっていますので覚えておくと良いでしょう。では キー操作によるアクティブセルの移動を纏めましたので見ていきましょう。方向キーを使うと、矢印の方向に1つずつアクティブセルが移動します。Enter キーで下のセルTab キーで右のセルCtrl+Home キーでセル A の位置にアクティブセルが移動します。Ctrl キー + いずれかの方向キーでデータは範囲の端のセルまた PageUp や PageDown というキーを使うと1画面ずつスクロールしながらアクティブセルを移動させることもできます。このレッスンではアクティブセルの移動について解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。