Excel 2016 入門

日付/時刻を入力する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
セルに日付/時刻データを入力する手順について解説します。日付と時刻、それぞれの入力方法を実習します。
03:47

字幕

このレッスンではセルに日付や時刻データを入力する方法について解説します。使用するブックは Chapter_2 です。データ入力のシートをアクティブシートにしましょう。では日付や時刻を入力する方法を見ていきましょう。セルに1月2日と入力します。データを入力するセルをアクティブセルにします。日付は / を使って入力します。1/2 と入力します。この様に入力すると自動的に月、日という表示形式が適用されます。Enter キーで確定します。セルには1月2日と表示されました。日付を入力したセルをアクティブセルにしましょう。数式バーには2016/1/2 と表示されました。この様に / を使って月/日と入力すると自動的に年のデータも含まれます。また最初から年のデータを入力して日付を入力することもできます、見てみましょう。データを入力するセルをアクティブセルにします。2016/1/2 と入力しEnter キーで確定します。すると入力した通りに表示されました。このように / で区切って最初から年のデータを入力することもできます。ここでは日付は / を使って入力するということを覚えていきましょう。表示形式については今は難しく考える必要はありません。 続けて時刻のデータの入力を見ていきましょう。セルに 10 時 30 分のデータを入力します。データを入力するセルをアクティブセルにします。時刻はコロン:を使って入力します。では 10:30 と入力しEnter キーで確定します。これで 10 時 30 分の時刻のデータを入力することができました。では入力したセルをアクティブセルにして数式バーで確認していきましょう。数式バーには 10:30:00と表示されていますね。: を使って入力すると自動的に秒のデータも含まれます。もちろん入力する際に秒のデータを入力することもできます。10:30:20 等と入力すると10 時 30 分 20 秒というデータを入力することができます。時刻は:を使って入力するということを覚えておきましょう。日付や時刻を入力したセルには自動的に日付時刻の表示形式が適用されます。日付を入力したセルのデータをDelete で削除しではここに数値データの123 と入力してみます。すると 5 月2 日と表示されました。このセルには日付の表示形式が適用されているからです。そこで表示形式を解除するには方法はいろいろとありますが、ここでは書式のクリアという便利なツールを紹介しましょう。 表示形式を解除したいセルが選択されていることを確認し「ホーム」タブ、「編集」グループの「クリア」ボタンをクリックします。「書式のクリア」をクリックします。これで選択されているセルの書式をすべてクリアできますので表示形式も解除されます。123 という数値データが表示されましたね。この様なツールもありますので覚えておくと良いでしょう。このレッスンではセルに日付や時刻のデータを入力する方法について解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。