Excel 2016 入門

データを切り取る・コピーする・貼り付ける

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
データの切り取り・コピー・貼り付けについて解説します。データをコピーや移動することで編集作業を効率的に行うことができます。貼り付けるデータの形式を指定することも可能です。
03:45

字幕

このレッスンではデータの切り取り・コピー・貼り付けについて解説します。データをコピーや移動することで編集作業を効率的に行うことができます。使用するブックは Chapter_2 です。「移動とコピー」のシートをアクティブシートにしましょう。まずはこれから使っていくツールを見ていきましょう。「ホーム」タブ、「クリップボード」グループの「切り取り」「コピー」「貼り付け」ボタンを使います。ではデータをコピーして貼り付ける操作から見ていきましょう。上の方に作成されている表をコピーし右に貼り付けてみます。まずはコピーしたいデータを選択します。範囲選択ができたら「コピー」ボタンをクリックします。選択した範囲が点滅しました。この点滅している範囲が今コピーされているということです。では貼り付け先にアクティブセルを移動します。「貼り付け」ボタンをクリックします。これでデータをコピーして貼り付けることができました。貼り付けた先の右下には「貼り付けのオプション」というボタンが表示されます。こちらをクリックすると貼り付ける形式を変更することができます。今は左一番上の「貼り付け」が選択されていますので元のデータと全く同じものが貼り付いてきています。 ここで「値」という項目をクリックすると値だけを貼り付けることもできます。この様に貼り付ける形式を選択することができるオプションも用意されています。では貼り付ける形式は元の「貼り付け」に戻しておきます。元のデータが点滅している間は別の所に同じデータを繰り返し貼り付けることができます。別のセルをアクティブセルにし、「貼り付け」ボタンをクリックします。この様に同じデータが貼り付いてきましたね。この点滅線は次の操作をすると自動的に解除されますが気になる場合には、ここでキーボードの Esc キーをタイプすると点滅を解除することができます。では Esc キーをタイプします。これでコピーしているデータを解除することができました。「貼り付け」ボタンがグレーアウトして使えなくなりましたね。では続いてデータの移動操作を見ていきましょう。移動は切り取って貼り付けるという操作を行います。では下の方に作成されている表を切り取って貼り付けた表の下に移動していきましょう。切り取りたい範囲を選択します。「切り取り」ボタンをクリックします。貼り付け先にアクティブセルを移動します。「貼り付け」ボタンをクリックします。これでデータを移動することができました。 移動する場合はこの様に切り取って貼り付けるという操作をすると良いでしょう。またデータのコピーや移動は「クリップボード」グループのボタンを使う他に、マウスでドラッグしてコピーや移動が行えますので見ていきましょう。コピーや移動をしたいセル範囲を選択します。選択範囲の外枠線にマウスポインタをポイントするとマウスポインタの形が四方の矢印に変化します。このままドラッグすることで簡単に移動することができます。この移動の操作にキーボードの Ctrl キーをプラスするとコピーとなります。選択した範囲の枠線にマウスポインタをポイントしキーボードの Ctrl キーを押さえてドラッグします。これでデータをコピーすることもできます。このレッスンではデータの切り取り・コピー・貼り付けについて解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日
再生時間:2時間40分 (36 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。