Excel 2016 入門

相対参照と絶対参照について

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
数式作成時のセルの参照方法について解説します。セルを参照するには、「相対参照」と「絶対参照」があります。
07:26

字幕

このレッスンでは、数式作成時のセルの参照方法について解説します。セルを参照するには相対参照と絶対参照があります。それぞれの参照方法の違いを見ていきましょう。使用するブックは Chapter_3 です。「セル参照」のシートをアクティブシートにしましょう。まずは相対参照でセルを指定する操作から見ていきましょう。1つ目の表に注目します。ここには4月から6月までの北区と南区のデータが入力されています。D 列の合計欄に数式を作成しましょう。その時のセルの参照方法が相対参照となります。答を出したいセル D3 のセルをアクティブセルにします。キーボードから = を入力します。参照するセル B3 のセルをクリックします。すると = の右に B3 と表示されました。これが B3 のセルを相対参照しているという状態です。数式作成時にクリックしたセルは相対参照で指定されます。続けて、キーボードから+を入力しC3 のセルをクリックします。C3 のセルも相対参照することができています。Enter キーを押して数式を確定します。セルには計算結果が表示されました。数式は数式バーで確認しましょう。作成した数式をオートフィル機能を使ってコピーします。 相対参照でセルを指定して数式を作成した場合数式をコピーすると数式内のセル参照もコピー先のセルを基点に、自動的に書き換えられます。参照したセルと数式との位置関係が相対的に保たれるというわけです。では、次に絶対参照でセルを指定して数式を作成する操作を見ていきましょう。2つ目の表に注目します。C 列の割合の欄にそれぞれの個数の割合を求める数式を作成しましょう。ひとまずは、相対参照で式を作ってみます。答を出したいセル C9 のセルをアクティブセルにし= を入力します。りんごの個数のセルをクリックしB9 のセルを相対参照します。割り算ですから / をキーボードから入力し合計の個数のセル B12 をクリックしB12 のセルも相対参照します。Enter キーで数式を確定します。作成した数式をオートフィル機能を使って下にコピーしてみます。するとエラーが表示されてしまいました。相対参照でセルを指定して数式を作成してそのあとコピーをするとコピー先のセルを基点に数式内のセル参照も自動的に書き換わってしまいます。これでは合計の個数の欄が1つ下にずれてしまっていますね。そこで使用するのが、絶対参照というセルの参照方法です。 絶対参照でセルを指定しておくと作成した数式をコピーしても数式内のセル参照は固定されますので自動的には書き換わりません。では、絶対参照を使った数式に変更していきますので今作成した数式は Delete キーで削除をしておきます。答を出したいセルをアクティブセルにします。キーボードから = を入力しりんごの個数のセル B9 のセルをクリックします。ここは相対参照でよいわけですからこのままにしておきます。キーボードから / を入力し合計の個数のセル B12 のセルをクリックします。ここで B12 のセルを絶対参照に切り替えていきましょう。セルの参照方法を切り替えるにはキーボードの F4 キーを押します。B12 のセルをクリックしてB12 のセルが点滅している間にキーボードの F4 キーをタイプします。するとセル参照に変化が現れました。ドル記号が表示されていますね。このドル記号がついているセルが絶対参照で指定されているセルとなります。キーボードの Enter キーを押して数式を確定します。作成した数式をオートフィル機能を使って下にコピーしましょう。今度は正しい計算結果が表示されました。数式内のセル参照も確認していきましょう。 絶対参照で指定した B12 のセルはコピーを行っても自動的には変更されていません。よって正しい計算結果を得ることができます。このように数式を作成する際に後から数式をコピーすることを考慮して自動的に書き換わってはいけないセル参照は絶対参照に指定するとよいでしょう。セル参照を切り替えるにはセル参照の入力途中にF4 キーを押すとよいでしょう。F4 キーを押すことによって絶対参照・複合参照、それから相対参照と4種類の参照方法に切り替えることができます。ちなみに、複合参照とは相対参照と絶対参照を組み合わせて指定する参照方法です。では簡単に紹介していきましょう。3つ目の表に注目しましょう。それぞれの単価と掛け率が入力されています。単価x掛け率でそれぞれの金額を求める数式を作成しましょう。その時に複合参照でセルを指定すると数式をコピーして簡単に仕上げることができます。見ていきましょう。数式を入力するセル C16 のセルをアクティブセルにします。キーボードから = を入力します。単価のセルをクリックします。ここで後から数式を右にコピーすることを考慮してB 列を固定します。F4 キーを3回タイプするとこれでセル参照内の列を固定して参照することができます。 掛け算ですから、アステリスクを入力し続いて掛け率のセル C15 をクリックします。後から数式を下にコピーすることを考慮し15 行目を固定します。キーボードの F4 キーを2回タイプするとセル参照の行を固定して参照することができます。Enter キーを押します。では作成した数式をオートフィル機能を使って下や右にコピーしてそれぞれの金額を求める数式を簡単に作成することができました。このように相対参照や絶対参照複合参照というセルの参照方法を切り替えながら効率よく数式を作成していくとよいでしょう。このレッスンでは、数式作成時のセルの参照方法について相対参照・絶対参照・複合参照それぞれの違いを見ていきました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。