Excel 2016 入門

合計を求める(SUM関数)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
合計を求める SUM関数について解説します。SUM関数を使うと、長い数式を入力することなく、簡単に合計を求めることができます。
04:09

字幕

このレッスンでは合計を求めるSUM 関数について解説します。SUM 関数を使うと長い数式を入力することなく簡単に合計を求めることができます。使用するブックはChapter_3 です。「売上表2」のシートをアクティブシートにしましょう。売上表が作成されています。では 10 行目の数量と金額の合計を求める数式を関数を用いて入力していきましょう。関数を使用した数式の書式を確認しておきます。統合=の右側に関数名を入力し引数を括弧で囲みます。合計を求める関数はSUM 関数です。では数量の合計から求めていきましょう。答えを出したいセルC の 10 のセルをアクティブセルにします。キーボードから=を入力しSUM と入力します。( を入力し、引数を指定します。今回は引数は数量のセル範囲となりますのでC の5から C の9までです。そこでキーボードから C5:C9 と入力して指定するかマウスでドラッグすることで簡単に指定することができます。C5:C9 と引数を指定したら) を入力し Enter キーで確定します。これでアクティブセルのあった位置には数式が作成されました。セルには計算結果が表示されます。数式は数式バーで確認しましょう。 SUM 関数は使用頻度の高い関数です。そこで今行ったようにキーボードから入力する他にSUM 関数を簡単に呼びだすツールが用意されています。「ホーム」タブ右端の「編集」グループのΣ の形をしたボタンがオート SUM というボタンでこのボタンをクリックするだけで簡単に SUM 関数を挿入することができます。では見ていきましょう。今作成した数式は Delete キーを使って一旦削除しておきます。答えを出したいセルをアクティブセルにします。オート SUM のボタンを使うと自動的に=が入力されますので予め=を入力しておく必要はありません。オート SUM のボタンをクリックします。するとアクティブセルのあった所にこの様に SUM 関数を用いた数式が自動的に作成されます。引数のセル範囲も正しく指定されていますので後は Enter キーを押して確定するだけです。これで簡単に SUM 関数を使った数式を作成することができました。オート SUM では数式を作成するセルの上か左に隣接してデータが連続して入力されているセル範囲を合計の対象として自動的に認識します。よって必ずしも正しいセル範囲を自動認識するとは限りません。 例えば離れているセルに合計を求めたいような場合オート SUM ボタンをクリックしても隣接しているセルにデータは入力されていませんので自動的に引数は指定されません。この様な場合にはマウスでドラッグして手動で引数を指定することができますので覚えておくと良いでしょう。では金額の合計は数量の合計の数式を右にコピーして求めていきましょう。数量の合計のセルをアクティブセルにします。右下角のフィルハンドルにマウスポインタをポイントし黒い十字に変化したら右に向かってドラッグします。これで数式をコピーすることができました。数量の合計の数式はというと引数が C5 から C9 のセル範囲を相対参照で指定されています。よって相対参照で作成した数式はコピーすると、コピー先のセルを起点にして数式内のセル参照も自動的に書き換えられます。よって正しい計算結果を得ることが出来ます。このレッスンでは合計を求めるSUM 関数について解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日
再生時間:2時間40分 (36 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。