Excel 2016 入門

データの配置を変更する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
各セル内でのデータの配置を左・中央・右などに変更する方法に加えて、複数セルを結合しての配置を変更する方法も解説します。表全体のレイアウトを美しく整えることができます。
03:31

字幕

このレッスンではセルに入力したデータの配置の変更について解説します。配置を変更することで表のレイアウトを美しく整えることができます。使用するブックは Chapter_4 です。「売上表2」のシートをアクティブシートにしましょう。売上表が作成されています。まずはセル内の配置の変更から見ていきましょう。Excel の初期設定では文字データはセル内で左よりで数値データはセル内で右よりで配置されています。この様な配置は「ホーム」タブ、「配置」グループのボタンを使って変更することができます。「配置」グループの下の段の左から「左揃え」「中央揃え」「右揃え」というボタンを使って水平方向の配置換えが可能です。また上にあります「上揃え」「上下中揃え」そして「下揃え」のボタンを使って垂直方向の配置も変更が可能です。では表の見出しとなる4行目の文字をセル内で中央に配置してみましょう。配置を変更したいセル範囲を選択します。A の4から E の4のセル範囲を選択しましょう。「配置」グループの「中央揃え」ボタンをクリックします。これで選択した範囲内の文字を各セルにおいて中央に配置することができました。配置を変更すると設定したボタンに色が付いて表示されます。 例えば今設定した中央揃えを解除するには解除したいセル範囲を選択し設定する時に使った「中央揃え」のボタンをクリックします。これで中央揃えを解除することができます。ではもう一度4行目の配置は中央揃えを設定しておきます。続いて選択範囲内の中央にデータを配置する操作を見ていきましょう。A の2に入力されています「売上表」の文字を表の中央に配置したいです。この場合切り取って貼り付けるという方法もありますがその方法では綺麗に真ん中に持ってくることは難しいです。そこで使用するのが、セルを結合して中央揃えという機能です、見てみましょう。配置を変更したいセル範囲A の2から E の2を選択します。「配置」グループの「セルを結合して中央揃え」ボタンをクリックします。これで選択範囲内のセルを結合しデータを中央に配置することができました。美しいレイアウトをとることができます。ちなみに解除をするには解除をしたいセルを選択し設定する時に使った「セルを結合して中央揃え」ボタンをクリックします。これで解除することができます。ではもう一度設定しておきましょう。「ホーム」タブの「配置」グループには今使った配置を変更するボタンの他にもインデントを設定したり文字方向を変更するようなボタンも用意されています。 また「配置」グループのダイアログ起動ツールをクリックして表示される「セルの書式設定」のダイアログボックスの「配置」タブでは配置の変更をまとめて設定したりボタンからでは実行できないより詳細設定を行うことも可能です。このレッスンではセルに入力したデータの配置の変更について解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日
再生時間:2時間40分 (36 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。