Excel 2016 入門

列の幅と行の高さを調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
列幅と行高の調整について解説します。文字数が多くてセルに表示しきれないときなどは、セルの列幅を調整して全体が表示されるようにします。
03:22

字幕

このレッスンでは列幅と行高の調整について解説します。使用するブックはChapter_5 です。「売上表1」のシートをアクティブシートにしましょう。では列幅を調整する操作から見ていきましょう。A 列の幅を調整してみます。A の列番号の右の境界線にマウスポインタをポイントし二方向の黒い矢印が表示されたら右に向かってドラッグすると A 列を広く左に向かってドラッグするとA 列を狭く設定することができます。また複数列を同じ幅に揃えるには揃えたい列を列単位で選択しておきいずれかの列番号の右の境界線にマウスポインタをポイントします。ドラッグすることで選択した列を同じ幅に調整することが可能です。また列幅を自動調整することもできます。A 列の幅を自動調整してみましょう。自動調整というのは、その列内の一番長いデータに合わせて自動的に幅が調整される機能です。A 列の列番号の右の境界線にマウスポインタをポイントし2方向の黒い矢印が表示されたらダブルクリックします。ダブルクリックすることで自動調整することができました。この様な機能もありますので覚えておくと良いでしょう。続いて行の高さを調整してみましょう。行の高さはフォントサイズが大きくなると自動的に高くなる様になっています。 もちろん手動で調整することも可能です。では2行目の行の高さを調整してみましょう。2行目の行番号の下の境界線にマウスポインタをポイントし上下の黒い矢印が表示されたら下に向かってドラッグすると行を高く上に向かってドラッグすると行を低く設定できます。またダブルクリックすることでその行内のフォントサイズに合わせて自動調整することもできます。更に列や行は数字で指定することも可能です。では B 列の幅を数字で指定してみましょう。B の列番号を右クリックし列の幅をクリックします。「列幅」のダイアログボックスが表示されますのでここに数値を入力しOK ボタンをクリックすると数字で指定が可能です。では列幅には 10 と入力して OK ボタンをクリックしましょう。これで B 列を 10 の幅に設定することができました。列幅の単位は標準の文字の大きさで数値が何桁表示されるかという単位です。よって今 10 に設定しましたので標準の文字の大きさで10 桁の数字を表示することができる列幅であるということを意味します。もちろん行も数値で指定ができます。行番号を右クリックし行の高さをクリックすると「行の高さ」のダイアログボックスが表示されます。 行の高さを例えば 20 と入力しOK ボタンをクリックすると20 の高さに設定することができます。行の高さの単位はポイントです。よって今 20 に設定しましたので20 ポイントの大きさの文字を収めることが出来る高さであるということを意味します。このレッスンでは列幅や行高の調整について解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。