Excel 2016 入門

行や列を挿入する・削除する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
行や列の挿入・削除について解説します。作成した表には後から、行や列を簡単に挿入したり、削除したりできます。
04:03

字幕

このレッスンでは行や列の挿入と削除について解説します。また挿入した行にデータを追加した際の数式の自動適用機能についても紹介します。使用するブックは Chapter_5 です。「売上表2」のシートをアクティブシートにしましょう。では既存の表に行を挿入する操作から見ていきます。9行目と 10 行目の間に新しい行を挿入します。挿入したい行は 10 行目ですので10 行目の行番号を右クリックします。ショートカットメニューの「挿入」をクリックします。これで右クリックした行に新しい行を挿入することができました。挿入した行は上の行と同じ書式が適用されます。罫線が引かれていますね。また後ほど単価や数量を入力すると桁区切りスタイルも自動的に、設定されていることを確認することができます。挿入した行番号の右下には挿入オプションが表示されます。挿入オプションをクリックすると下と同じ書式を適用したり書式をクリアすることも可能です。規定では上と同じ書式が適用されています。続いて行の削除を見ていきましょう。では今挿入した10 行目を削除してみます。10 行目の行番号を右クリックし、「削除」をクリックします。これで行を削除することができました。 この様に行番号を右クリックして挿入、削除を行うことができます。また列の場合も考え方は同じです。列番号を右クリックすることで列を挿入したり削除することが可能です。複数行挿入する場合には予め複数行選択しておきいずれかの行番号を右クリックして挿入することで複数行まとめて挿入することができ複数行削除する場合には削除したい複数行を選択しておき行番号を右クリックして削除して複数行まとめて削除することが可能です。では10 行目にもう一度行を挿入してデータを追加する操作を見ていきましょう。データを追加すると「金額」と「構成比」の欄に数式が自動的に適用されてきますのでその様子も確認しましょう。この表には「金額」の欄には掛け算の数式がそして「構成比」の欄には割り算の数式が作成されています。新しく挿入した行には今の所数式は作成されていません。ではデータを追加しましょう。新しく挿入した行の商品名は「ケーキセット」そして「単価」は 2000次に「数量」を入力すると数式が自動的に拡張されますので見ていきましょう。「数量」は 1300 とします。金額と構成比の数式が自動的に作成されました。この様に Excel では既存の表に後から行を挿入してデータを追加した場合既に同形式の数式が連続して入力されている場合自動的に数式がこの様に適用されてきます。 この数式の自動適用機能を無効にすることは可能です、見てみましょう。「ファイル」タブをクリックします。「オプション」をクリックします。「Excel のオプション」のダイアログボックスが表示されましたら「詳細設定」をクリックします。こちらに「データ範囲の形式及び数式を拡張する」というチェックボックスがあります。初期設定ではチェックが付いていますのでチェックボックスをクリックしてチェックを外すことで数式の拡張機能を無効にすることができます。確認できましたら今回は「キャンセル」ボタンをクリックしてキャンセルしておきましょう。このレッスンでは行や列を挿入する操作と削除をする操作に加えて数式の自動適用機能についても解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日
再生時間:2時間40分 (36 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。