Excel 2016 入門

グラフを作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
グラフの作成について解説します。Excelでは、表のデータを使って簡単にグラフを作成するツールが用意されています。作成したグラフと元の表との間にはリンクが設定されます。
04:31

字幕

このレッスンではグラフの作成について解説します。Excel では、表のデータを使って簡単にグラフを作成するツールが用意されています。作成したグラフと基の表との間にはリンクが設定されますので表のデータを変更するとグラフも自動的に更新されます。では見ていきましょう。使用するブックはChapter_6 です。「調査票1」のシートをアクティブシートにしましょう。来場者数を調査した表が作成されています。では、この表を基に右にあるような集合縦棒グラフと3D の円グラフを作ってみましょう。まずは縦棒グラフから作成します。4月から6月までの各年代ごとの来場者数を比較するための棒グラフです。まずはグラフの基データを選択します。A の3 から D の9 のセル範囲を選択しましょう。この範囲を使ってグラフを作成します。「挿入」タブをクリックします。「グラフ」グループの「おすすめのグラフ」のボタンをクリックします。「グラフの挿入」のダイアログボックスが表示され選択範囲内を使って効果的なグラフを作成するためのサンプルが表示されます。では今回は、一番上の「集合縦棒」をクリックで選択しましょう。棒グラフは項目間の比較をするのに適しているグラフです。 OK ボタンをクリックします。これでグラフを作成することができました。作成したグラフと基の表との間にはリンクが設定されますので表データを変更するとグラフも自動的に更新されます。見てみましょう。では、変更するデータは50 代の6月のデータですのでグラフ上で 50 代の6月のデータ系列を見ておきましょう。では、表データを変更します。50 代の6月のデータはD の 8 のセルです。今 810 と入力されています。では、データを 500 に変更しましょう。表データを変更するとこの様にグラフも自動的に更新されます。では、データは 810 に戻しておきましょう。作成したグラフは「グラフエリア」と出る所にマウスポインタをポイントしドラッグすることで自由な位置に移動することができ、周りに表示されますサイズ調整ハンドルにマウスポインタをポイントし、2方向の矢印が表示されたら外に向かってドラッグすると大きく、内に向かってドラッグすると小さくすることが可能です。また、作成したグラフを削除するには「グラフエリア」と出る所をクリックで選択しキーボードの Delete キーをタイプします。これで作成したグラフを削除することができます。 元に戻すをクリックして削除したグラフを戻しておきます。グラフを削除するには先ほど確認したように「グラフエリア」をクリックで選択してDelete キーを押すようにしましょう。グラフ内の何かの構成要素をクリックで選択しDelete キーを押すとその構成要素のみの削除となりますので注意が必要です。では、縦棒グラフは適当な位置に移動しておきましょう。続いて円グラフを作ってみます。今回は各年代ごとの合計の構成比を表す円グラフを作りますのでA の 3 から A の 9 までとE の 3 から E の 9 までのセル範囲を選択します。この様に離れているセル範囲を選択するには1か所目は普通にドラッグし2か所目を選択する時にキーボードの Ctrl キーを押さえながらドラッグすると離れている範囲を同時に選択することが可能です。では、「挿入」タブをクリックし「グラフ」グループの ...今度は円グラフを作りますので「円またはドーナツグラフの挿入」をクリックしましょう。すると、様々な形式の円グラフが見えてきました。上から2つ目の「3-D 円」をクリックします。これで円グラフを作成することができました。各年代ごとの来場者数の合計の比率を扇型の大きさで表すことができました。 このレッスンではグラフの作成について解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。