Excel 2016 入門

データを並べ替える

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
データの並べ替えについて解説します。1つのフィールドまたは複数のフィールドを並べ替えのキーとして指定し、リストの行(レコード)を並べ替える事ができます。
05:43

字幕

このレッスンではデータの並べ替えについて解説します。Excel にはワークシート上のデータを簡単に並べ替えるツールが用意されています。では、見ていきましょう。使用するブックは Chapter_7 です。名簿のシートをアクティブシートにしましょう。データを管理する表が作成されています。Excel では、この様にデータを管理する表の事をリストと言います。リストとは、表の先頭行に別見出しを付けて別見出しの下に同じ種類のデータを入力したものです。リストの列をフィールドと言いリストの行をレコードと言います。また、それぞれの列見出しの事をフィールド名と言います。では、これからこの社員名簿のリストを使ってデータの並べ替え操作を見ていきましょう。まずは使用するツールを確認します。「データ」タブをクリックします。「並べ替えとフィルター」グループの「昇順」ボタンと「降順」ボタンを使います。昇順は小さい順降順は大きい順にデータを並べ替えることができます。現在、社員名簿のリストは A 列のナンバーのフィールドを基準に昇順で並んでいます。ではこれから、B 列の地区名のフィールドを基準に並べ替えてみましょう。並べ替えのキーとなる地区名のフィールド内にアクティブセルを移動します。 地区名のフィールドであればアクティブセルがどこにあっても構いませんが部分的に選んでしまうとその選んだ範囲でしか並べ替えが行われませんので注意をしましょう。地区名のフィールド内にアクティブセルを置きます。先ほど確認した「昇順」ボタンをクリックします。これで地区名のフィールドを基準に昇順でレコードを並べ替えることができました。下にスクロールして確認していきましょう。日本語が入力されているフィールドを基準に並べ替えをすると昇順の場合は 50 音順に降順はその逆にデータを並べ替えることができます。では、その他のフィールドでも並べ替えを試してみましょう。入社年を基準に並べ替えてみます。入社年のフィールドにアクティブセルを移動し「昇順」ボタンをクリックします。これで、入社年のフィールドをキーとして昇順でレコードを並べ替える事ができます。降順ボタンをクリックすると入社年の降順で並べ替える事ができます。この様に Excel にはリストのデータの簡単に並べ替える昇順ボタンや降順ボタンが用意されています。では、リストを元に戻しておきましょう。A 列のナンバーのフィールドを基準に昇順で並べ替えます。これで、リストを元の状態に戻すことができました。 この様に、リストに通し番号を付けておくとそのフィールドを基準に昇順に並べ替えることでリストを元の状態に戻すことができますので必要に応じて通し番号を付けておくと良いでしょう。では、続いて複数のフィールドをキーに並べ替えをしてみます。アクティブシートを切り替えます。売上一覧のシート見出しをクリックして売上一覧のシートをアクティブシートにしましょう。ここには、売上一覧のリストが作成されています。では、このリストを使って商品ごとに並べ替えをして商品名が同じであれば金額の多い順にリストを並べていきましょう。リスト内の任意のセルをアクティブセルにします。「データ」タブ>「並べ替えとフィルター」グループの「並べ替え」ボタンをクリックします。「並べ替え」のダイアログボックスが表示されました。このダイアログボックスを使って複数のフィールドを並べ替えのキーに指定する事ができます。では、最優先されるキーは商品名です。下向き三角 ▽ をクリックして「商品名」をクリックしましょう。順序は「昇順」でよいです。続けて商品名が同じであれば金額の高い順としたいのでレベルを追加します。左上の「レベルの追加」ボタンをクリックすると並べ替えのキーのレベルを追加することができます。 次に優先させるキーは下向き三角 ▽ をクリックして「金額」をクリックして選択します。金額の多い順としますから順序は「降順」をクリックしましょう。これで商品名を最優先で並べ替え商品名が同じであれば金額の高い順にリストを並べることができます。では下にあります OK ボタンをクリックして、結果を確認しましょう。商品名を基準に最優先で並べ替えを行うことができ商品名が同じであれば金額の高い順になっています。この様に複数のフィールドを並べ替えのキーに指定したい場合には「並べ替え」ボタンをクリックして「並べ替え」のダイアログボックスを使うと良いでしょう。その時はリスト内の任意のセルをアクティブセルにしてから初めていきましょう。リスト以外がアクティブセルになっていると並べ替えボタンをクリックしてもエラーが表示されます。この様に「並べ替え」のボタンをクリックして表示されます「並べ替え」のダイアログボックスでは並べ替えのキーを 64 個まで追加することができます。また、追加したキーを削除するには削除したいキーをクリックで選択し「レベルの削除」ボタンをクリックすると並べ替えのキーを削除することができます。このレッスンでは、リストのデータを並べ替える操作について解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日
再生時間:2時間40分 (36 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。