Excel 2016 入門

ページレイアウトの設定を変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作成した表やグラフをバランスよく印刷するために、用紙のサイズや向き、余白やデータの中央配置、縮小印刷など、印刷するページのレイアウト設定を変更する方法について解説します。
04:56

字幕

このレッスンでは、印刷をする際の用紙のサイズ、印刷の向き、縮小印刷や上下左右の余白の設定、印刷するデータをページの中央に配置するなどのページレイアウトの設定について解説します。使用するブックは Chapter_8 です。「調査表」のシートをアクティブシートにしましょう。表とグラフが2つ作成されています。では、これらのデータをパランスよく印刷するためのページレイアウトの設定を行っていきましょう。印刷プレビュー画面を表示します。「ファイル」タブをクリックし「印刷」をクリックします。バックステージビューの右には印刷プレビューが左には印刷の設定項目が表示されます。印刷プレビューの下にはページ切り替えのナビゲーションが表示されました。右向き三角や左向き三角をクリックしてページを切り替えて確認することができます。現在のページレイアウトの設定では印刷物は1枚には納まっていません。では、これからページレイアウトの設定を変更し印刷するデータを1ページにきれいに納める設定を行っていきましょう。左の「設定」項目の A4 という所で用紙のサイズを確認したり 変更したりできます。下向き三角をクリックするとリストが表示されます。 では、今回は A4 のままにしておきますのでA4 をクリックしておきましょう。その上の「縦方向」という所は印刷する用紙の向きを変更する項目です。下向き三角をクリックすると横方向に変更が可能です。「横方向」をクリックします。用紙の向きを横に変えることができました。今回のデータでは用紙を横に使った方がバランスがよさそうです。ナビゲーションを見るとやはり2ページにはみ出してしまっていますね。この様な場合には縮小印刷をすると良いでしょう。印刷するデータを縮小してきれいに1ページに納めることができる設定があります。見ていきましょう。「設定」項目の下の方、現在は「拡大縮小なし」となっていますね。下向き三角をクリックすると上から2つ目、「シートを1ページに印刷」という項目があります。こちらを選択すると、印刷するデータを縮小して1ページに納めることができます。では「シートを1ページに印刷」をクリックします。これで、データを縮小して1ページに納めることができました。では、その他にも、余白の設定やページ中央にデータを配置する設定もありますので見ていきましょう。「設定」項目一番下の「ページ設定」をクリックします。 すると、「ページ設定」のダイアログボックスが表示されました。「ページ」タブでは、先ほど指定した印刷の向きや拡大縮小、用紙のサイズなどを確認したり変更が可能です。「余白」タブをクリックしましょう。「余白」タブでは上下左右の余白の変更や「ページ中央」の指定が可能です。余白を変更する場合にはスピンボックスの上向き三角や下向き三角をクリックして指定したりボックス内に直接、数値を入力して指定することが可能です。余白の単位はセンチです。「ページ中央」の指定です。初期設定では、印刷するデータは用紙の左の上に配置されています。「ページ中央」の「水平」にチェックを付けると用紙の横方向の中央にデータが印刷されます。「水平」のチェックを外して「垂直」にチェックを付けると用紙の縦方向の中央にデータが印刷されます。「水平」「垂直」の両方にチェックを付けると用紙の真ん中にデータが印刷されるようになります。では今回は、「水平」「垂直」の両方ともにチェックを付けてOK ボタンをクリックします。これで用紙の真ん中にデータをきれいに配置することができました。この様にバックステージビューの「印刷」画面では印刷プレビューを確認しながら印刷の設定を行うことができます。 また、印刷レイアウトの設定はページレイアウトタブで行うこともできます。見てみましょう。バックステージビュー左上の左向き矢印をクリックしてワークシートに戻ります。「ページレイアウト」タブをクリックします。「ページ設定」グループに「サイズ」「印刷の向き」「余白」などを変更するボタンが用意されていますのでこちらを使ってそれぞれの設定を変更したりダイアログ起動ツールをクリックすると「ページ設定」のダイアログボックスを表示することができ「余白」タブをクリックして先ほど指定した余白の設定やページ中央の設定などを行うことができます。このレッスンでは、作成した表やグラフをバランスよく印刷するためのページレイアウトの設定について解説しました。

Excel 2016 入門

Excelには表やグラフを作成したりデータを管理するための機能が用意されていますが、それらの使い方について迷った方も多いのではないでしょうか?このコースではExcel 2016の基礎的な機能を使って表やグラフを作成したり、データを管理するための操作方法を学びます。データの入力やグラフの作成、四則演算や数式の入力、データの並べ替えや抽出などについて説明します。

2時間40分 (36 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。