Illustrator CC 基本講座

ドキュメント操作の基本

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
一枚のドキュメントの拡大縮小やパンの操作の方法について解説します。
講師:
04:40

字幕

このレッスンではドキュメントの拡大・縮小やパンの操作の仕方について説明します。アートワークをズームインまたはズームアウトする方法はいくつかあります。一つはこの虫眼鏡のアイコンであるこのズームツールを選択します。そうするとカーソルが虫眼鏡になりドキュメント上でクリックする度にアートワークがズームされていきます。Windows では Alt キーをMac では Option キーを押しながらクリックするとその度に表示が縮小されます。このズームツールをドラッグして拡大する方法もあります。ズームの領域を移動するにはこちらの手のひらツールを使い好みの領域までドラッグします。例えばここでは上部のアートワークが隠れていますのでこのツールを使って下にドラッグすると上部の領域が表示されます。この手のひらツールのように使う頻度の多いものはいちいち切り替えをするのは面倒だと思います。この文字ツール以外のどのツールを使用中でも例えばこの選択ツールを使用中でもSpace キーを押せば押している間だけカーソルが手のひらツールになります。このように例えばズームツールを選択し一部分を拡大その拡大倍率のまま表示領域を移動するにはこのズームツールから手のひらツールに移動するのではなくツールはそのままでSpace キーを押しながら好みの領域までドラッグして表示領域を変えるこれが一番簡単な方法だと思います。 そしてズームツールを使う代わりにWindows の Ctrl キーまたは Mac の Command キーこれを押しながらキーボードのプラス(+) のキーを押すごとに拡大表示マイナス(-) を押すごとにズームアウトということもできます。そしてドキュメント全体をスクリーン上に表示するにはWindows の Ctrl キーまたは Mac の Command キーを押しながら数字キーの 0 を押すと全体表示ができます。ドキュメントを原寸大で表示するにはWindows の Ctrl キーまたはMac の Command キーを押しながら数字の 1 を押すと原寸大表示になります。先程の全画面表示と原寸大表示ですがまったく同様の操作をツールボックスを用いて行うこともできます。全画面表示であればツールボックス上の手のひらツールこれをダブルクリックします。これで全画面表示になります。今度はドキュメントを原寸大表示する場合これはツールボックスの中のズームツールをダブルクリックします。そして原寸大表示が可能になります。ここでズームツールのショートカットを確認しましょう。ズームキーの通常の拡大表示から縮小表示に切り替える場合にはWindows は Alt キーを押しながらクリックMac は Option キーを押しながらクリックキーボードから拡大表示をする場合にはWindows は Ctrl と +Mac は Command と +縮小表示をキーボードから行う場合にはWindows は Ctrl と -Mac は Command と -キーボードを使って原寸大表示を行う場合にはWindows は Ctrl と 数字の 0Mac は Command と 0 です。 以上ドキュメント上のアートワークの拡大縮小パンの操作の仕方について解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。