Illustrator CC 基本講座

ウインドウとパネルの管理

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ウインドウとパネルを移動、管理することで快適なワークスペースにする方法を解説します。
講師:
04:09

字幕

このレッスンではウィンドウとパネルを移動、管理することで快適なワークスペースにする方法を解説します。通常アイコン化された複数のパネルグループが画面右側に表示されています。この様にアイコンをクリックして実際のパネルの機能が表示されます。ただ使う頻度の高いものは常に開いておきたいことがよくあります。例えばよく使う、このカラーパネルを常に開いておきたいとします。その時はタブをクリックして外にドラッグするとこのパネルはグループから独立して常にドキュメント上に表示される形になります。そしてそのパネルを使い勝手のよいように配置することができます。試しに今3つのパネルを外にドラッグして常に開いておけるようにします。今はこの様に独立した3つのパネルがありますがパネルをドッキングさせて管理することもできます。その場合はさっきの逆でやはりタブをクリック、ドラッグしてもう1つのパネルの中に移動させます。またはこの様なドッキングの表示の仕方もあります。こうすることによってもしこの3つのパネルが使う頻度の高いものであれば常にドキュメント上に表示されており尚且つ1つのグループに今なっているのですべてを一度に動かすことができます。 パネルがこの様に複数のグループになった場合にはタブではなく、このタイトルバーこれをクリックして移動させます。パネルを常に表示しておく必要がなくなった場合には、タブをクリックして再度アイコン化することができます。もしドキュメント上の必要のないパネルがある場合にはパネル左肩のこの✕印をクリックすることによって画面上から表示を消すことが出来ます。この場合、今のパネルが必要な場合にはアイコングループにはもうありませんので「ウィンドウ」メニューに戻ってここから再度選択して表示させる必要があります。パネルによっては一度に表示する機能を制限しているものもあります。例えば、この「線」パネルこれを外に出して今見える機能としてはこの線幅を変更する機能この1つだけですが、このパネルの右上にあるアイコン、これをクリックして「オプションを表示」これによって、このパネルの機能を更に拡張させることができます。もう一度同じアイコンをクリックすると「オプションを隠す」となっていますので機能を縮小することができます。他にはパネルによっては同じ場所をクリックすると、この様にパネルメニューが表示されるものもあります。これによって更にパネルの機能を拡大させることができます。 更にここの1つ1つのパネルは右上に二重矢印があります。これはクリックするとアイコン化できる、そしてアイコングループに所属しているパネルについては、これをクリックするとアイコングループに戻るという働きがあります。このレッスンではウィンドウとパネルを移動、管理することで快適なワークスペースにする方法を解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日
再生時間:5時間14分 (91 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。