Illustrator CC 基本講座

アートボードから書き出し

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数のアートボードのそれぞれのアートワークを個々のファイルに書き出す方法を解説します。
講師:
03:31

字幕

このレッスンでは複数のアートボードのそれぞれのアートワークを個々のファイルとして書き出す方法を解説します。このファイルには3つのアートワークがありますがこれらは1つのファイルの中に存在します。それを1つのアートワークを、1つのファイルとして書き出す方法を説明します。それにはまず「ファイル」メニューから「書き出し」を選択します。一番簡単な方法は「画面に書き出し...」を選択します。ここで必ずアートボードが選択されていることを確認して下さい。それぞれのアートボードの下に名前が見えますがこれは Illustrator が自動で付けたものです。名前を変更するにはダブルクリックで新しい名前を入力できます。この様に違いがはっきりとわかる名前に変更します。そして右側の選択オプションの設定ですがこの場合はそれぞれのアートワークを、すべて独立したファイルとして書き出したいので「すべて」を選択します。この時に例えば1と2だけとかそのように範囲を選択することもできます。次に「書き出し先」これを設定します。これは最終的にこの3つのファイルがどこに保存されるのかを設定する場所です。今回は一時的にデスクトップに保存しておきます。 新規フォルダを作って作成、で選択で保存先の設定の完了です。そのすぐ下に「書き出し後に場所を開く」これがチェックされていますがこれは書き出し終了後に自動的に開いてくれるオプションです。更にプロジェクトに適切なフォーマットをここで選択します。プロジェクトによっては細かいフォーマット指定をする必要があります。その場合にはこの右端のアイコンをクリックし更に細かい設定がここで可能になります。ここでは例としてPDF フォーマットを選択しました。すべて設定が完了したら「アートボードを書き出し」をクリックして下さい。書き出しが完了すると、この様に個々のファイルとして適切なフォルダの中に保存されているのがわかります。実際に内容を確認するとこの様に元々3つのアートワークが1つのファイルに入っていました。それが書き出すことによって3つの個別のファイルになりそれぞれのアートワークが1つのファイルとして存在することになります。このレッスンでは複数のアートボードのそれぞれのアートワークを個々のファイルに書き出す方法を解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。