Illustrator CC 基本講座

レイヤー内のオブジェクトの操作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
オブジェクトを複数のレイヤー間において移動、コピー、分割の仕方を解説します。
講師:
02:52

字幕

このレッスンではオブジェクトを複数のレイヤー間において移動、コピーまたは分割の仕方を解説します。このアートワークでは今現在すべてのオブジェクトがこの一番下レイヤーに存在しています。この様に非表示にするとわかりやすいと思うんですがすべてオブジェクトが一番下のレイヤーに存在しています。ですが、このアートワークを例えばこういう風に3つのレイヤーに分けて整理して管理すると後々編集がもっと楽になります。1つのアートワークを複数のレイヤーに編集しやすいように分割していく過程を見ていきます。まず流れとしてはこのブルドックの顔を一番上のレイヤーにここのテキストの部分をテキストのレイヤーに残りの骨の部分を動かさずにそのまま一番下のレイヤーに残しておくということをやってみます。それにはまず選択ツールが選択されていることを確認してからこのファイルでは分かりやすいように既にブルドックの頭の部分とテキスト、そして骨、この3つの部分が既にグループ化されています。まずブルドックの顔の部分を選択します。そしてレイヤーパネルを見てみるとこの右の方に小さな四角が表示されているのが分かると思います。この四角は現在選択されているオブジェクトに対応していてこれを別レイヤーに動かすことによって自動的にオブジェクトもレイヤー間を移動します。 これで顔の部分が一番上のレイヤーに持ってこれました。レイヤーの表示、非表示を使うとわかりやすいと思います。確かにブルドックの顔の部分が一番上のレイヤーに来ています。同様にテキストの部分を選択してレイヤーパレット上でオブジェクトを移動します。そうすることで、今この元々1つのアートワークだったものが3つのオブジェクトとして3つのレイヤーにうまく分割されて整理されました。これによってのちに変更を加える場合などカテゴリー別に個々のレイヤーに分かれているので非常に編集がしやすくなります。このレッスンではオブジェクトを複数のレイヤー間において移動、コピー、分割の仕方を解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。