Illustrator CC 基本講座

レイヤーの表示機能

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レイヤーパネルにおける、レイヤーの表示切り替え、ロック、削除の方法を解説します。
講師:
03:42

字幕

このレッスンではレイヤーパネルにおけるレイヤーの表示切替ロック、削除の方法を解説します。まずレイヤーパネルを画面上に持ってきます。まず表示、非表示の切り替えですがそれはこのレイヤーパネルの一番左側のコラムここでアイコンをクリックすることによって表示、非表示の切り替えができます。何故この機能が重要になってくるかというと、例えばデバイス用のアプリのデザインをしている状況があった時に例えばこの部分のデザインはもう終わっているんですがその後ろのバックグラウンドに関して少し編集を加えたい時にこれが前面にあるので邪魔になってしまいます。その時には、このロゴの部分を非表示にしてそうすることによってバックグラウンドに関して編集を加えることができます。そして編集が終われば表示を元に戻して効率よく作業を続けることができます。レイヤーパレットの2番目のコラムをクリックすることによって特定のレイヤーにロックをかけることができます。もう一度クリックするとロックが解除されます。このロックの機能は、その箇所に誤って変更を加えることを防ぐもので何故これが有効になるかというと例えば、このログインボタンの部分でこのボタンを動かす状況があったとします。 その時に誤ってバックグラウンドのオブジェクトを動かしてしまわないようにこれにロックをかけてそうすることで誤って選択、または誤って移動してしまうということがなくなります。表示の切り替え、またはロックするレイヤーを選択する時にこの様にたくさんレイヤーがあるとどのオブジェクトがどのレイヤーにあるのか一目ではすぐにわからないことがあります。その場合にはロックしたいオブジェクトまたは非表示にしたいオブジェクトをクリックしてレイヤーパネルを見て選択表示がされているレイヤーを探して下さい。そうすると、そこを非表示またはロックすることによって誤って違ったレイヤーを選択するということがなくなります。作業を進めていく中で、要らなくなったレイヤーがあることもあります。例えばこのガイドに関するレイヤーこのレイヤーがもう必要ないという状況になった時はレイヤーを選択して、このゴミ箱のマークのアイコンをクリックして削除します。その時レイヤー内にオブジェクトが含まれている場合にはこの様に警告のウィンドウが表示されます。ここで確認して本当にレイヤーを削除でよければ「はい」を選択します。このレッスンではレイヤーパネルにおけるレイヤーの表示切替ロック、削除の方法を解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。