Illustrator CC 基本講座

オブジェクトの移動とコピー

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
オブジェクトの移動とそれに伴う便利なコピー機能について解説します。
講師:
03:35

字幕

このレッスンではオブジェクトの移動とそれに伴う便利なコピー機能について解説します。オブジェクトのコピー機能としては、通常オブジェクトを選択して「編集」>「コピー」そして「ペースト」という方法もあります。しかしここでは Illustrator の特性を生かしたもっと便利なコピーの方法をご説明します。Illustrator ではオブジェクトを選択し選択ツールで移動させている最中にWindows の Alt キーMac の Option キーを押し続けることによってこの様に移動したと同時にコピーを作ることができます。オブジェクトを選択、移動Option キーまたは Alt キーのホールドで、この様に移動しながらコピーを作ることができます。この時に Option キーまたは Alt キーを押しながらShift キーも一緒に押して下さい。そうすることによってオブジェクトを綺麗に整列させることができます。オブジェクトをコピーし、整列させ、更に均等の幅を保つように整理するにはオブジェクトを選択し移動させてる最中にAlt キー、または Option キーそして Shift キーを押して下さい。さて次に Windows であればCtrl+D ボタンMac であれば Command+D ボタンこれを押して下さい。 このコマンドは1つ前にやった動作を忠実に再現するそういう効果があります。なのでもう一度押すとCtrl または Command+Dこうすることによって、このオブジェクトは綺麗に整列されているだけではなく間隔もきちんと一定の距離になっています。更にこの4つのオブジェクトをすべて選択して同じように Alt または Option キーホールドしながら Shift キーも押します。マウスを放すとすべてのオブジェクトがコピーされました。Ctrl または Command+Dを押してみます。そうすると先程の移動は4つのオブジェクトがコピーされたので全くそれと同じことが起こりました。この様にして規則正しいオブジェクトの移動とコピーが簡単にできるようになります。ここで変形の繰り返しのショートカットを確認しておきましょう。Windows の場合はCtrl+DMac の場合はCommand+Dショートカットを使わない場合には「オブジェクト」メニューから「変形」>「変形の繰り返し」に行きます。このレッスンではオブジェクトの移動とそれに伴う便利なコピー機能について解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。