Illustrator CC 基本講座

オブジェクトを個別に変形

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数のオブジェクトに対して一括して任意の変形を適用する方法を解説します。
講師:
03:40

字幕

このレッスンでは複数のオブジェクトに対して一括して任意の変形を適用する方法を解説します。ここで使うツールは個別に変形ツールと呼ばれるものでオブジェクトを選択した後に「オブジェクト」メニューから「変形」>「個別に変形」これを選んで下さい。そうすると、このウィンドウから「拡大・縮小」の変形オブジェクトの「移動」オブジェクトの「回転」その他いろんな変形を一度にオブジェクト適用させることができます。例えば角度は 20 度適用する基準点を少しずらします。そうすると、プレビューを使うとどのような変化が起きるかがわかります。プレビューの変化を確認した後にOK を押してもいいんですがここでは「コピー」を押してみます。そうするとオリジナルの位置からこの様な変化が起きました。Windows の Ctrl +DMac の Command+D で変形を更に連続させます。そうすると、この様な普通の回転ツールではできないような変形も可能になります。他にはこういう状況も考えてみましょう。この様にオブジェクトが沢山あってしかもこのオブジェクトそれぞれにある特定の変形を加えなければいけないそういう状況があったとします。例えば、このそれぞれの正方形それを回転ツールを使って45 度に回転するそういった状況があった時にすべてのオブジェクトを同じように変形させるとするともの凄く手間がかかります。 かといってすべてを選択してこれを回転させようとするとこの様にすべてが回転し、個々にそれぞれの位置で回転するわけではありません。そこで「オブジェクト」>「変形」>「個別に変形」を選択します。ここで移動は両方とも0に設定します。回転を 45 度で「プレビュー」で確認してOK で決定します。そうすると、回転ツールでは1つ1つ編集しなければいけなかったものが一括して複数のオブジェクトに変形が適用されることがわかると思います。このレッスンでは複数のオブジェクトに対して一括して任意の変形を適用する方法を解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。