Illustrator CC 基本講座

塗りのカラーのオブジェクトへの適用

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
塗りを使ってオブジェクトに着色する方法について解説します。
講師:
03:52

字幕

このレッスンでは塗りを使ってオブジェクトに着色する方法について解説します。Illustrator の着色の基本はまずオブジェクトを選択してそこに色を割り当てていく方法です。例えばこのアートワークでは普通に白い紙に黒い線で描かれた絵のように見えますがこの様に一部を選択してみるとこういう形のオブジェクトがあります。そしてここにはこういう形のオブジェクトがあります。この様に複数のオブジェクトの集合体であることがわかります。ですので、このアートワーク全体に着色するということになると1つ1つのオブジェクトを選択してそこにカラーを割り当てていくという形になります。それでは実際にやってみます。まずツールの選択ツールが選択されていることを確認して着色したい中からクリックでオブジェクトを選択します。そしてスウォッチパネルを開いて好きな色をクリックしてカラーを適用させます。この時に大事なのはツールパレットの下のこの塗りがアクティブになってることを確認して下さい。塗りがアクティブというのはこの塗りボックスが上に来ていることが大事で塗りボックスが線ボックスの必ず上に来ていることを確認すれば塗りがアクティブになっているということになります。 これを確認しないと塗りに色が適用されません。この例では同じ色を適用させる箇所が何か所かあるんですがそれぞれ個別のオブジェクトとして分かれていますのでこの様に複数のオブジェクトに同じ色を割り当てる場合にはShift キーを押しながら複数のオブジェクトを選択してそしてそこにスウォッチで色を割り当てるといいでしょう。もちろん色を付けた後でも色を変更したい場合はそのオブジェクトを選択し違う色を選択すれば容易に色を変えることが出来ます。そして細かい箇所に色を付ける場合にはこの様にズームツールでズームインしてそこからまた選択、スウォッチからの着色という流れでやると効率いい作業が出来ると思います。そして色の選択には現在スウォッチパネルを使っていますがここのカラーパネルからカラーを好きなカラーをピックして適用させることもできます。このスウォッチパネルですがオプションメニューから「スウォッチライブラリを開く」の項目から更にいろんなカラーグループにアクセスすることができます。例えば「アースカラー」を選択するとこの様にニュートラルなカラー群が選択できるようになります。このレッスンでは塗りを使ってオブジェクトに着色する方法について解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。