Illustrator CC 基本講座

アピアランス属性の保存

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作成したアピアランス属性のセットを、名前をつけてグラフィックスタイルパネルに保存する方法について説明します。
講師:
04:12

字幕

このレッスンではアピアランス属性のセットをグラフィックスタイルパネルに保存する方法について説明します。今このオブジェクトにはこのように複数の塗りと複数の線そしてアピアランスの効果が加わっています。このアピアランス属性のセットを再構築せずに繰り返し使いたいという場合にはグラフィックスタイルに保存するというやり方があります。まずグラフィックスタイルのパネルを開きます。そして、アピアランスパネルからグラフィックスタイルパネルにドラッグしてくる、これだけでこの複数のアピアランス属性がグラフィックスタイルとして保存されました。これの利点は新しいオブジェクトを作成した時にこれと全く同じアピアランスを適用する場合にグラフィックスタイルパネルからクリック1つで適用させることができます。例として、こちらに全くアピアランス属性がかかっていないオブジェクトがあります。このオブジェクトを選択してグラフィックスタイルの新しく登録したこのアイコンをクリックするだけで全く同じ効果を適用させることができます。グラフィックスタイルパネルには初期設定で既に幾つかのスタイルが保存されていますがオプションメニューから「未使用項目を選択」しゴミ箱アイコンから削除することでドキュメント内に不必要なグラフィックスタイルを削除することができます。 それによってパネル内が整理されて使いやすさが向上します。一度グラフィックスタイルに保存すると違うドキュメント間でも同じグラフィックスタイルを使えるようになります。それにはここで「グラフィックスタイルライブラリを保存」これを選択します。そして名前を付けます。そして「保存」をクリック。これによってどのドキュメントでもこのグラフィックスタイルにアクセスが可能となりました。それでは実際に新しいドキュメントを作成してその中でこのグラフィックスタイルが使えるかどうか見てみましょう。新規設定から任意の図形を作成します。今このファイル上では先程のグラフィックスタイルはありません。まず読み込むことが必要になります。それはオプションメニューから「グラフィックスタイルライブラリを開く」ユーザー定義の中に先程のグラフィックスタイルが入っています。そして新しいパネルが開きました。そうした後に目的の図形を選択しグラフィックスタイルをクリック。これで先程と全く同じグラフィックスタイルが適用されるということになります。アピアランスを見ても先程と全く同じ設定だということが確認できると思います。このようにアピアランスパネルとグラフィックスタイルパネルを併用するととても便利で効率の良い作業が可能となります。 このレッスンではアピアランス属性のセットをグラフィックスタイルパネルに保存する方法について説明しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。