Illustrator CC 基本講座

パスファインダーパネルを使っての描画

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
パスファインダーパネルをつかってオブジェクトを組み合わせ、図形を作成する方法を説明します。
講師:
03:34

字幕

このレッスンではパスファインダー効果について解説します。パスファインダーパネルを使用すると複数のオブジェクトを組み合わせて新しいシェイプを作成できます。まずパスファインダーパネルを開けてみましょう。パスファインダーによるオブジェクトを組み合わせるオプションは、この様に4つの「形状モード」と、6つの「パスファインダーモード」があります。これらを順番にどのような複合効果があるか、見ていきます。まず最初の「形状モード」の「合体」をクリックしてみます。そうすると2つの重なった図形は1つの図形になります。今度は2つ目の「型抜き」これは前面の図形が背面の図形を型抜きする、そういった効果です。3つ目は「交差」です。これは背面のオブジェクトからはみ出た前面のオブジェクトが抜け落ちた、そんな効果になります。4番目の「中マド」これはオブジェクトの重なっている部分が抜け落ちます。次に「分割」を見てみます。オブジェクトを選択し、パスファインダーの「分割」アイコンを押します。そうすると、見た目には変化は現れていないのですがこれはオブジェクトが重なり合った部分によってできるその線によって図形が分割されます。これをダブルクリックして編集モードで見てみると、よくわかります。 この様に元々2つのオブジェクトだったものが分割され、たくさんの独立したオブジェクトになります。次の「刈り込み」は編集モードに行くとわかるのですがこの様に前面のオブジェクトによって隠れている背面のオブジェクトのエリアを消去され、残りが分割されます。次に「合流」をクリックしてみます。これは2つのオブジェクトを1つのオブジェクトに統合するモードです。次に「切り抜き」をクリックします。これは前面と背面のオブジェクトが重なっている部分を残しそれ以外はすべて削除するそういうモードです。次に「アウトライン」のパスファインダーモードです。これは選択された図形のアウトラインを作成します。「型抜き(背面)」これは前面のオブジェクトと背面のオブジェクトが重なっているエリアこれを削除するモードです。このパスファインダーによる色々なオブジェクト同士の複合の仕方で図形作成、図形編集の作業に幅がでてきます。このレッスンではパスファインダーパネルを使って図形を作成する方法を解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。