Illustrator CC 基本講座

シェイプ形成ツール

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シェイプ形成ツールを使用して図形を作成する操作について解説します。
講師:
04:47

字幕

このレッスンではシェイプ形成ツールを使用して図形を作成する方法を解説します。シェイプ形成ツールは複数の図形を組み合わせて、より複雑な図形をも簡単に作成するとても便利なツールです。例えば、この長方形と三角形を組み合わせて矢印の図形を作る時にまずこの2つを選択します。そしてツールパネルからシェイプ形成ツールを選択します。カーソルをオブジェクト上に持っていくとこの様に影が付きます。ドラッグしながらこの影を順番に塗っていく意識で複数の図形を1つの図形にすることができます。同じようにここでは2つの図形を合わせてハート型を作ろうと思います。まず複数の図形を選択します。シェイプ形成ツールを選択してドラッグで1つの図形に統合します。次の例ですがここでは、この三角この楕円形の様な形、円そしてもう1つの三角これを全部使って魚の形を作ろうと思います。ここでもやはり図形を選択しシェイプツールでまず魚の尾ひれを付けます。そして今度はこの部分は統合するのではなく同じくシェイプ形成ツールを使ってこの図形から切り抜く形で魚の形を作っていきます。通常ですと、このツールはドラッグして図形同士を複合する役割がありますがWindows の Alt キーまたは Mac の Option キーを押したままドラッグするとドラッグした図形が削除されます。 その性質を使ってこの魚の図形の一部をくり抜き口を作った形になります。シェイプ形成ツールによって作られた図形は普通のクローズパスの図形と同じように塗りを設定して色を付けることが出来ます。最後にこの例を見てみましょう。この図形は6つの円をこの様に配置したことによって更にシェイプ形成ツールを使ってとても複雑な図形にすることができます。まず範囲を選択しシェイプ形成ツールによりドラッグをしていくわけですがここでは3つのリングが複雑に絡み合うようなそんな表現をしたいと思います。まずこの部分からドラッグで1つの部分に繋げます。次はこの部分を繋げていきます。この様にミスをしてしまった場合にはCommand+Z キーまたは Ctrl+Z キーで1つ手前まで戻ることができます。そして最後にこの部分を連結させてこうしてみるとなかなか複雑な図形なのですが基はただ単に6つの円からなる図形なのでこのシェイプ形成ツールが非常に効果的なのがわかります。同じくこれも塗りが適用されるので色を加えていきます。そうすると、より一層オブジェクトとして面白いものになります。この様に複雑な図形もシンプルな図形を元にシェイプ形成ツールを有効に使えば比較的簡単に作成することができます。 このレッスンではシェイプ形成ツールを使用して図形を作成する方法について解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。