Illustrator CC 基本講座

クローズパスの図形作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
実際にいろいろなシェイプの作成への手順について解説します。
講師:
03:49

字幕

このレッスンではクローズパスの図形作成について解説します。クローズパスというのは長方形・三角形または円といったような閉じている図形のことです。そういった図形を作成する時に1つ注意点があります。まず長方形を描いてみます。ペンツールを選択してクリックして、次の角でクリックそして最後、開始点に戻ってきますが開始点に必ず終止点が重なっているのを確認するとペンツールカーソルの右側に小さな円が表示されるのがわかると思います。この小さな丸が表示中にクリックをするとこの図形がクローズパスすなわち閉じている図形として認識されるということになります。そこで、クリックします。これで長方形ができました。同じく、三角形も3つの頂点をクリックする考え方で最後小さな円が表示されていることを確認して、クリックしこれで確実に閉じている図形が作成できたということになります。次に円を描いてみます。円を描く時や精密な作業が必要な時は「表示」メニューから「グリッドを表示」これを選択するとこの様に升目が表示されてこれをガイドに使って描画をするとスムーズに作業が進みます。今から円を描くのですが円には4つのアンカーポイントがあります。 そのアンカーポイントを、このグリッドを使って、まずこの部分を1つの頂点とし、2番目、3番目、4番目のアンカーポイントをこのグリッドを使って設定したいと思います。円は曲線なのでクリックするだけではなくてドラッグをし曲線を決定してから次のアンカーポイントに進みます。この時にハンドルの長さハンドルの角度これを一定にすると綺麗な円が描けます。この時に Shift キーを押しながらやるとハンドルの角度が固定されてやりやすいと思います。最後にクリックして先程の小さな円が表示されたことを確認してクリックを放し、円が完成します。この時にまだ、この形が完全な円ではないのでその時にはダイレクト選択ツールを使ってハンドルの長さを調節したりハンドルの角度を調節したりして細かい部分まで修正を加えてこれで円の完成となります。この様にクローズパスを作成する場合にはペンツールカーソルの横の小さな丸が最後に出てくることを確認してそこに注意しながらシェイプを作成して下さい。このレッスンではクローズパスの図形作成について解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。