Illustrator CC 基本講座

書式に関するショートカット

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
書式設定に関するショートカットを紹介します。
講師:
03:52

字幕

このレッスンでは書式設定に関するショートカットを紹介します。テキストの編集特にフォントサイズの拡大・縮小などは頻繁に行う作業です。そこで幾つか文字パネル上でできる編集の中からショートカットキーでできるものを幾つか紹介します。まずフォントサイズの拡大・縮小です。テキストツールを使って編集する文字を選択します。ここで Windows は Shift と Ctrl キーMac は Shift と Command キーを押しながらキーボード上の><のボタンでサイズを変更します。このようにキーボード上で自在にサイズ変更ができます。更にサイズ変更の割合が大きい場合にはWindows で Shift+Ctrl に加えてAlt キーを押してください。そのまま><ボタンで拡大・縮小ができますがこの時に Alt キーを押してる間は拡大・縮小の割合が通常に比べて10 倍の割合で適用されます。Mac の場合は Shift+Command ><に加えてOption キーをホールドしてください。今度は行送りの編集をキーボード上で行います。まず文字ツールで編集する箇所を選択します。Windows の場合は Alt キーMac の場合は Option キーを押しながら矢印の上下ボタンで調節します。 上ボタンで行間が詰まり下ボタンで行間が開きます。次にトラッキングの編集をキーボード上で行います。同じくテキストが選択されているのを確認しWindows は Alt キー、Mac はOption キーを押しながら今度は矢印キーの左と右でトラッキングを調節します。左でトラッキングが小さくなり右でトラッキングが大きくなります。ここでこのレッスンで使ったショートカットを確認しておきましょう。まずはフォントサイズの変更のショートカットWindows は Shift+Ctrl を押しながら<>Mac は Shift+Command を押しながら <>Windows の Alt+Shift+Ctrl を押しながら<>の場合は10 倍の速さで変化が適用されます。Mac の場合は Option+Shift を押しながらCommand と<>ボタンです。次に行送りの変更のショートカットを見ていきます。Windows の場合は Alt キーを押しながら矢印キーの上または下で調節Mac の場合は Option キーと上下ボタンです。次にトラッキングの変更のショートカットの確認です。Windows の場合は Alt キーと左右の矢印キーMac の場合は Option キーと左右の矢印キーで調節します。 このレッスンでは書式設定に関するショートカットを紹介しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。