Illustrator CC 基本講座

ビットマップ画像の読み込み

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
配置のコマンドを使い、ビットマップ画像をドキュメント上に読み込む方法を解説します。
講師:
02:17

字幕

このレッスンでは、ビットマップ画像をドキュメント上に配置する方法を解説します。Illustrator で作成する画像はベクター形式ですがIllustrator では作成できないビットマップ形式の画像もドキュメントの一部として配置することができます。その手順を見ていきます。ここに、この様な自己紹介のページのデザインがあります。この空欄の部分に写真を載せたいのですが写真というのは Illustrator 内で作成することはできません。ですから、Illustrator の外部から配置することになります。まず、「ファイル」メニューに行き「配置」を選択します。そして、このファインダーから配置するビットマップ画像を選択します。そして、「配置」をクリック。そうすると、カーソルが配置専用のカーソルに変わりサムネイルも横に見えるのが分かります。ドキュメント上でクリックしてこの場合は少し大きいのでサイズを変更します。サイズを変更する時は縦横比を一定に保つためにShift を押しながらバウンドボックスの角をドラッグして縮小して下さい。そして、他のオブジェクトの位置も調整して配置が完了しました。この配置された画像をクリックするとコントロールパネルにこの画像の情報と適用できる編集の一覧が表示されます。 この配置された画像はIllustrator の外に保存されているものなのでIllustrator の外で編集があった場合にはその変化が Illustralor 内部のこの画像にも適用されます。このレッスンではビットマップ画像をドキュメント上に配置する方法を解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。