Illustrator CC 基本講座

画像トレース

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画像トレースを使いビットマップ画像をベクター画像に変換する方法を解説します。
講師:
03:08

字幕

このレッスンではビットマップ画像をベクター画像に変換する方法を解説します。このドキュメントにビットマップ画像を読み込みます。ファイル 配置を選択します。そこで読み込む画像を選択します。この画像はビットマップ画像でillustrator 内で編集するにはかなりの制限があります。そこで画像トレース機能を使いこの画像を通常のベクターオブジェクトとして変換する手順を見ていきましょう。まずウィンドウメニューから「画像トレース」を選択します。これで画像トレースパネルが開きます。ここで詳細の項目も開きます。まず元の画像にあった一番最適なプリセットをここから選択します。元画像は手描きのスケッチの画像なのでここでは「 6 色変換」を選択します。元の画像とトレース結果ここで比較して、満足のいくまで設定を調節していきます。元の画像と比べると少し細かい部分が抜け落ちているのでもう少し調整していきます。元画像では細かい線が多かったのでパスは「高い」に設定します。そして滑らかな線が多いのでコーナーは「少なく」に設定します。ノイズの設定値は少ないほど細部が損なわれないのでこのままにします。このようにしてそれぞれの項目を調節することで原画をどこまで忠実に再現したいかを考えながら、設定を決定します。 このレッスンでは画像トレースを使いビットマップ画像をベクター画像に変換する方法を解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。