Illustrator CC 基本講座

Photoshopへの画像配置

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
IllustratorのドキュメントをPhotoshop内のドキュメントに配置する方法を解説します。
講師:
03:28

字幕

このレッスンではIllustrator のドキュメントをPhotoshop 内のドキュメントに配置する方法を解説します。例えば、このマジシャンを選択してクリップボードにコピーをします。今からこのマジシャンをPhotoshop のドキュメント上に配置してみます。まず、Photoshop を起動します。ドキュメントを新規作成します。そして、先ほどの画像をクリップボードからペーストします。この時に Illustralor のベクターオブジェクトの特性を維持できるので「スマートオブジェクト」を選択してください。Windows の Enterまたは Mac のReturn キーで確定します。レイヤーを見ると「スマートオブジェクト」という風に表示されて配置されているのが分かります。これは、このオブジェクトを拡大縮小した時に画質に影響が出ないベクター形式の特性がここにそのまま反映されるという意味になります。このオブジェクトを編集するにはレイヤーパネルからサムネイルをダブルクリックして下さい。そうすると、自動的にIllustrator の画面に開きます。ここで例えばジャケットの色を変えてみます。そして、保存します。 Photoshop に戻ると先ほどの色の変更が自動で反映されています。この様にIllustrator のオブジェクトはコピー&ペーストでPhotoshop に配置することができ、更にスマートオブジェクトで配置することで編集も可能になります。もう1つの方法はファイルメニューからの配置です。Photoshop のドキュメントを開いてそこから「ファイル」>「リンクを配置」を選択します。ここで目的の Illustrator のファイルを選択します。選択したら「配置」をクリック。OK をクリックします。そのあとにサイズを調整してEnter または Return キーを押して確定します。レイヤーを見てみるとサムネイルにこのマークがありますがこれはリンクのファイルがスマートオブジェクトとして配置されたという表示です。こうすることで、レイヤーのサムネイルをダブルクリックするといつでも Illustrator の中でドキュメントを開くことができ、ここから編集ができます。保存をして Photoshop に戻るとこの様に編集が反映されます。Illustrator ドキュメントの編集に関してはリンク配置の配置方法の方が編集がスムーズなので出来る限り、この方法でIllustrator ドキュメントの配置をお勧めします。 このレッスンではIllustrator のドキュメントをPhotoshop 内のドキュメントに配置する方法を解説しました。

Illustrator CC 基本講座

Illustratorはグラフィックデザインにおいてもっとも重要なソフトです。このコースはIllustratorを使いこなすうえで必須の項目を基礎から学んでいき、実践的なスキルまで無理なく習得していけるように構成されています。ロゴの作成やレイアウトデザインに応用できるスキルをはじめ、ウェブデザインに活用できるテクニックまで網羅されています。

5時間14分 (91 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月12日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。