Illustratorを使ったアイコンのデザイン

ラフスケッチについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
デザインコンセプトのためのスケッチの重要性を説明します。
講師:
02:07

字幕

このレッスンではデザインコンセプトの為のスケッチについて解説します。デザインの過程の中でもスケッチをするということはとても重要でアイコンデザインにおいても例外ではありません。それではアイコンデザインをする為のスケッチ、ここで重要なことを確認しておきましょう。まずテンプレートの作成。これはただ白紙の紙にスケッチをするよりも例えば、丸いアイコンをデザインしている時には丸枠の中にスケッチをした方が効果的です。もしテンプレートの作成の仕方が分からない人でもすぐに使える3種類のテンプレートがダウンロードできるのでそちらを使ってみてください。そしてアイコンリストの作成。これはスケッチをする前に必要なアイコンを文字で書き出してみるということです。次に、ベースとなる形を考えましょう。アイコンによっては丸い形をベースにデザインをしていった方が効果的な場合や或いは正方形をベースとしてデザインをすると効果的な場合そのアイコンの目的によって異なると思います。どのような形が自分のアイコンのデザインに最適かそれを考えましょう。そして、実際にスケッチをする上で1つのアイコンに対して複数のアイディアを出していくということが重要になってきます。 スケッチをする時はそれぞれのアイコンに約1分くらい時間をかけましょう。スケッチをしている時はおおまかなデザインの方向性を決めることが目的なのでここにあまり時間をかけないことも大切です。このスケッチではあまり細かいところまで描き込む必要はありません。但し、後で見て何を描いたか分かるように必要最低限の細部を追加する必要はあります。このレッスンではスケッチの重要性について解説しました。

Illustratorを使ったアイコンのデザイン

Illustratorはアイコンのようなシンプルかつ鮮明な図形の作成に最適です。このコースではアイコンデザインの基礎概念から実際のデザイン過程までを詳しく解説します。さらに完成したアイコンをさまざまな媒体に対応したデータに書き出す方法まで詳しく解説しており、とても実用的な内容になっています。

49分 (13 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。