Illustratorのシンボル機能の活用

スタティックシンボルとダイナミックシンボルの違い

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スタティックシンボルとダイナミックシンボルの違いとそれぞれの操作方法について解説します。
講師:
07:18

字幕

このレッスンではダイナミックシンボルとスタティックシンボルの違いについて解説します。Illustrator で設定できるシンボルの種類にはスタティックシンボルとダイナミックシンボルという、この2つがあります。それの違いについて見てみるのでこのオブジェクトを複製してそれぞれをスタティックオブジェクトダイナミックオブジェクトに登録して違いについて見ていきます。このようにシンボルに登録する時にまず名前を付けそして、この場合はアニメーションでは使わないので「グラフィック」に設定します。次の項目でダイナミックシンボルかスタティックシンボルかこれを選べるようになります。最初のシンボルをスタティックシンボルに設定します。同じ手順でこちらのシンボルをダイナミックシンボルに設定します。そうすると、全く同じ図形ですがシンボルパネルを見るとダイナミックシンボルの方には右下に小さく+の表示が出ているのが分かります。ここで分かりやすいようにそれぞれを複製していきます。シンボルパネルにおけるこの元になるシンボルをマスターシンボルという言い方をします。そしてドキュメント上にあるものがマスターシンボルのコピーという考え方をします。 ドキュメント上のシンボルは常にこのマスターシンボルとリンクされておりマスターシンボルに編集が加わるとその変化がコピーの方に反映されます。これはスタティックシンボル・ダイナミックシンボル両方に共通することですがダイナミックシンボルの場合に限りマスターシンボルとリンクを保ちながらアピアランス属性に関する編集をマスターシンボルから編集をせずに個々のシンボルに対してそれぞれに違う編集をできるという利点があります。それでは、実際に見ていきます。このシンボルがスタティックシンボルの方です。これをダブルクリックして、編集を加えます。例えばこのような変化を適用させた時にマスターを編集したのでそれぞれのコピーの方にも同じ編集が反映されました。次にダイナミックシンボルの方からダブルクリックで同じく編集していきます。今矢印キーを使って花びらの長さを調整しました。そして編集モードから戻ると、このようにマスターで起こった編集がコピーに反映される、これは両方のシンボルに共通しています。ここからが違うところです。ダイレクト選択ツールであることを確認して例えばスタティックシンボルの花びらの1枚を選択して色を変えようと思った時にこれはもう編集可能なオブジェクトではないのでもし花びらの色を変えるというような変更をする場合にはマスターから変更していかなければなりません。 例えば、このように変更したとします。自然にその変更した箇所はコピーに反映されます。ところが、ダイレクト選択ツールを使ってダイナミックシンボルの花びらを選択するとこのように、編集モードに行かなくても選択することができます。ということは、そこに変更を加えることも可能です。これは先程見たようにマスターに変更を加えるとコピーにも変更が反映されましたがこのアピアランス属性に関しては個々に編集できるという利点があります。このように同じシンボル同士でも違った塗りを設定することができます。ここでマスターのシンボルを見てみると先程のような塗りの変化は適用されていません。ここで回転を加えてみます。そして編集モードを解除してこのようにマスターに回転が加わるとコピーの方にも回転が反映されました。ということは、このシンボルはマスターにリンクがされているがオブジェクトのアピアランス属性例えば塗りに関しては個々に編集することができます。これがダイナミックシンボルの特性でありスタティックシンボルとは大きく違うところです。このダイナミックシンボルの個々のシンボルの編集についてですが編集には制限があり例えば変形させたり拡大・縮小したり回転などといった編集には対応できていません。 ダイナミックシンボルの個々のシンボルに適用できる編集はアピアランス属性に関する編集のみとなっています。このレッスンではスタティックシンボルとダイナミックシンボルの違いについて解説しました。

Illustratorのシンボル機能の活用

Illustratorにはシンボルというとても便利で汎用度の高い機能があります。この機能を活用することによって、アート制作の作業効率が格段に上がります。このコースではシンボルの意味や作成方法、ライブラリへの保存やシンボルスプレーツールの操作方法などを学ぶことができます。さらにそのユニークな応用方法についてもサンプルを使って解説します。

1時間41分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。