Illustratorのシンボル機能の活用

ボタンステートの書き出し

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シンボルを使うことによって効率よく複数のステートを書き出す過程について解説します。
講師:
03:53

字幕

このレッスンではシンボルを使うことによってウェブ用に効率よく複数のステートを書き出す過程について解説しますここからウェブ用のパーツとしてこのボタン一つ一つを書き出していくわけですがまず それぞれのボタンにスライスを作成して書き出す際にどこまでが個々のパーツなのかそれを認識させる必要があります選択ツールでボタンをひとつ選択しオブジェクトのスライスから作成 これを選択しますABOUT ボタンですがシンボル内に表示されていないドロップダウンメニューが含まれていますそのためにここに同じようにスライスを作成することはできませんですので 一度シンボルパネルから編集モードに入りますここでドロップダウンメニューを一時的に削除します削除をしても ここにシンボルとして登録してあるのでいつでも必要であればまた付け加えることができます通常モードに戻りこれでスライスが可能になりました同じように残りもスライスを作成していきますスライスの作成が終了したらファイルメニューから書き出しWeb用に保存これを選択してくださいまず シフトキーを押しながらすべてのスライスを選択しますここではPNG形式を選択します書き出し に 選択したスライスこれを設定してくださいここで 保存 をクリックします保存先を設定しますそして名前を入力して保存 をクリックしますこの手順で メニューバー のボタンの通常ステートが書き出されました次にマウスオーバーのステートを書き出していきますそれには シンボル編集モード からそれぞれのシンボルのこの マウスオーバーステート を表示 にしてやる必要がありますこれを4つのボタン全てに行いますそして 通常モード に戻るとこのように マウスオーバーステート がすでにスライスも作成されている状態になっていますこれで同じように 書き出し Web用に保存 これを選択しますまた再度 スライスを選択してあることを確認して設定が同じであることを確認しますそして 保存 です名前を設定してこうすることによって効率よく2つのステートのボタンが書き出されることになりましたファイルを確認してみますこのフォルダを見てみるとこのように4つのマウスオーバーステートそして4つの通常ステートこれがきちんと書き出されているのがわかると思いますこのレッスンではシンボルを使うことによって効率よく複数のステートを書き出すその過程について解説しました

Illustratorのシンボル機能の活用

Illustratorにはシンボルというとても便利で汎用度の高い機能があります。この機能を活用することによって、アート制作の作業効率が格段に上がります。このコースではシンボルの意味や作成方法、ライブラリへの保存やシンボルスプレーツールの操作方法などを学ぶことができます。さらにそのユニークな応用方法についてもサンプルを使って解説します。

1時間41分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月22日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。