デザイナーのためのCreative Cloud活用術

スケッチを作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Creative Cloudの各ツールで作業に入る前に、根本的なアイデアを練るために、紙の上でスケッチをすることの意義について解説します。
講師:
05:22

字幕

このレッスンではデザインを始める前のスケッチについて解説します。これからこのコースではCreative Cloud の様々なツールIllustrator Photoshop InDesignそして Muse と様々なツールを使ってゼロからロゴを作ったりまた写真を加工したりそれらを利用して名刺を作ったりWebsite を作ったりとそうしたワークフローを踏んでいきます。その更に前回の所なんですがトータルなデザインを行う時には是非パソコンに向かう前に手描きのスケッチを大事にして下さい。というのが最初の解説になります。今回はCARNET という車の販売業者の Website とか様々な素材を作ろうというのがミッションとなります。今、画面に写真がでてますけどまず CARNET のロゴを作らなければならないということで様々に試案しているスケッチの例があります。まず各フォントによってもかなり見え方違ってくるので色んなフォントのバリエーションこれ手描きで描いてあります。そして、それも普通にこの様に並べる以外に上下に重ねてみたらどうかとかですね。または、このフォントを更に分解してこうした形の集まりで作ったらどうかとかこんな感じに車っぽい感じにしてみたりまたはスピード感を出すためにこんな風にかたむけてみたりと、こうした様々なアイデアをとりあえず、ささっと非常にラフで構わないのでこの様にメモにしてみるこれは非常にパソコンに向かってるよりもアイデアがでやすいのでかなりいい方法です。 そして更にアイデアを展開させていきます。例えば四角の中に納めるのもいろんなパターンがありますし四角じゃなくて三角形の中に納めたらどうかまた白地に黒い文字というパターンだけではなく黒地に白抜きで入ったりこういった転換もあります。またこうした真正面を向いているだけではなく立体的にこんな風に奥行きが付いてる一見は 3D のようなこんなパターンもあるなと、または文字が全部均一ではなくこんな風に大きさが違っていたりこれなんかは方向も違っていますね。この様な自由な発想を持つことが出来ます。そして更に展開していくと、ちょっとコンセプシャル所も考えていきます。例えばこれなんかは車を網で捕まえてますね。またこれは船が釣り上げてますけど中古車を如何に色んな方法で集めてくるというそういったものを図にしたらどうかとかまたはこんな感じに様々なキーワードを集めて形にしたり、またいろんな形を考えてますけどちょっと駄目かなと思うものは消してあったりもします。どんどんアイデアは展開していきます。またちょっと違った所でタイヤがモチーフとかですね。またはこのトラックの荷台みたいな所ですね。こうした細かい所をモチーフにしたらどうかまたはこの車を分割した中に挟まれてるとか非常にアイデアのバリエーションがでています。 そして大分まとまってきたのはこの辺ですね。この様に分割した線の間に文字が挟まっていたらどうかとかそれが矢印になってたらどうかまたはちょっとクラシカルな感じのこんなリボン風の物の上にあったらどうかとかまたはちょっと面白い感じでこのねじれたデザインの中に入ったら面白いんじゃないかまたはこんな感じで明るい所、暗い所分けた中に入れたら面白いんじゃないかと大分まとまってきたパターンです。この様にこれを1個1個例えば Illustrator の上なんかで作ってるとそっちのオペレーションに頭が行ってしまってなかなかアイデアがでづらいですけどこれはもう鉛筆描きでささっと描けますね。こういったものを展開していくと非常にアイデアを出すことに集中できてラフに描いたものを後から Illustrator なんかで丁寧に作っていけばいいとそういうことになります。此方も矢印をモチーフにしたりと様々なパターンを考えています。こうした形でデジタルな作業に入る前にまずはアナログな手法でアイデアを練ってみると非常にいろんなバリエーションがでるのでこの中からいいかなと思うものを実際にツールの上に展開していきます。ついつい最初からソフトに向かってしまいがちですがこうした作業は非常に発想を出すのに役に立つので是非とも実践してみて下さい。

デザイナーのためのCreative Cloud活用術

Creative Cloudに備わっているさまざまなツールを使うと、デザインに関する作業をひと通り行うことができます。このコースではIllustratorによるロゴデザインやCreative Cloudを使った素材の共有、ロゴを効果的に見せるPhotoshopでの写真加工やInDesignを使った名刺デザイン、MuseでのWebサイトの構築などを解説します。

4時間25分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。