デザイナーのためのCreative Cloud活用術

長方形の応用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
長方形をあしらったデザインをベースにして、さらに角丸の適用や、上下積みへの加工などを行いバリエーションを作成します。
講師:
04:46

字幕

このレッスンでは長方形をあしらったデザインのさらなるバリエーションを作ってみましょう。それではただの文字に対してその文字の一部T の文字の一部を使った長方形、それをあしらったデザインこんな感じにいろんなバリエーションが作られています。ではこれを更に違った方向に展開させてみましょう。ではまずこの白黒に塗り分けてあるこれを選んでOption または Alt キーを押しながらドラッグしましょう。そうすると、複製されます。では今これ全部がこの枠は直角でできてますけどここを角丸にしてみようと思います。そしたらツールからダイレクト選択ツールこれを選びます。そして Shift キーを押しながらそれぞれの、この角をクリックしていくと四角をクリックすると角だけ選ぶことができました。この角を選んでいるとコーナーという項目がでてきます。こっち0ピクセルになってますがこれが角丸の半径になってます。今直角なので0ですけど値を増やしていくとこんな感じに角丸にすることができます。またこれ、数字でやってもいいですしこんな感じにドラッグして目分量で決めても OK です。角丸になると一気に印象違いますね。またこれも全部角丸にしてもいいですしまた複製して全部一緒じゃなくてこんな感じに丸い所と角丸になってる所となってない所をバラつきを持たせるとかこんなやり方もあります。 ここは丸いけどここは直角とこんな感じに全部一緒じゃないですね。バラつきを持たせても面白いデザインになります。そしたら更にもう1パターン作ってみましょう。今 CAR NET と横に並んでいますがこれを縦に二段積みにするデザインにしてみようと思います。また一個複製を作りました。そしたら今この枠は全部この横の幅で作ってあるのでこのままではいけないですけどまずこの枠を右クリックしてグループ解除します。そうすると、この棒が別パーツとなるのでそしたらこれをドラッグしてきてこの真ん中の分かれてる所を合わせて半分の長さのパーツにしてしまいます。そして、また Option または Alt を押しながらこれをドラッグしてこれで、もう半分の長さのパーツとなってるのでこれをこちら側の部分に合わせます。そうすると、こちら側の半分が独立したものとなるのでこれでこっちの上に重ねて持ってきてここを Option キーまたは Alt キーとShift キーを押しながらドラッグしてやるとこの様に持ってくることができます。これでピッタリ合うようにしてあげると微調整して上下に分かれた形で別のデザインを作ることができます。こんな感じに一個バリエーションができたらそれを更に違った要素を入れてみる角丸にするとか横に並べたものを上下に積んでみるそんな形でバリエーションを展開させることも可能です。 この様に柔軟な発想で様々なバリエーションを是非とも作ってみて下さい。

デザイナーのためのCreative Cloud活用術

Creative Cloudに備わっているさまざまなツールを使うと、デザインに関する作業をひと通り行うことができます。このコースではIllustratorによるロゴデザインやCreative Cloudを使った素材の共有、ロゴを効果的に見せるPhotoshopでの写真加工やInDesignを使った名刺デザイン、MuseでのWebサイトの構築などを解説します。

4時間25分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。