デザイナーのためのCreative Cloud活用術

メニューの大文字・小文字を揃える

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
通常はページ名の表記がそのまま反映されるメニューに対して、書式の設定で大文字、小文字に統一するための手順を解説します。
講師:
02:42

字幕

このレッスンではメニューの大文字小文字の表記を揃える方法について解説します。今、このプランの部分でつけている名前はこっちが全部大文字ですね。こちらは頭だけ大文字で後が小文字となっています。そうして、それを踏まえてメニューを見てみると通常はこの様にプランの方で設定された名前がそのまま入ってきます。では、例えば、メニュー上は全部大文字にしたいとか小文字にしたいとか統一したい場合それはどうすればいいかその時ですが今、マスターの方に来ています。では、メニューの方のテキストですね、この部分に来てそしたら、テキストの設定を開けます。この中で、この中にある「大文字、小文字」というのがあります。では、今、ここ大文字の方選んであげるとこの様に全部大文字になります。だけどこちらの名前は変わっていないですね。ここに関わらず、あくまでメニューの中は書式の設定にしたがって全部大文字になっているというわけです。これを設定しておくと例えば新たに更にページを追加したとしてこれを、例えば、NewPage となっていたとします。大文字と小文字が混じっています。だけど、メニューの方はちゃんと全部大文字の表示になっています。この様にあくまで、メニューの中は全部大文字といったルールを作ることができます。 では、このページはテストランなので右クリックしてページを削除これでとってしまいましょう。こんな感じで、個別にこのページ名とメニューの表記を分けるということができるのでアルファベットでページ名を付けるときは意図的に表示をコントロールすることができます。これかなり便利な機能なので是非とも覚えておいてください。

デザイナーのためのCreative Cloud活用術

Creative Cloudに備わっているさまざまなツールを使うと、デザインに関する作業をひと通り行うことができます。このコースではIllustratorによるロゴデザインやCreative Cloudを使った素材の共有、ロゴを効果的に見せるPhotoshopでの写真加工やInDesignを使った名刺デザイン、MuseでのWebサイトの構築などを解説します。

4時間25分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年08月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。