Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

Word起動時に白紙の文書を開くように設定する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Wordの起動時に表示されるスタート画面を非表示にして、白紙の文書を開くように設定を変更する方法について解説します。
03:10

字幕

このレッスンでは Word 起動時のスタート画面を非表示にし白紙の文書を開くように設定を変更する方法について解説します。Word 2016 の既定の設定ではWord の起動時にはスタート画面が表示されます。見てみましょう。タスクバーのスタートボタンをクリックしWord 2016 をクリックしてWord を起動します。Word の起動時にはこのように既定ではスタート画面が表示されます。スタート画面の右にはお薦めのテンプレートの一覧が、そして左には最近使ったファイルの一覧が表示されます。ここで、このスタート画面をキャンセルするにはキーボードの Esc キーをタイプするとスタート画面をキャンセルして白紙の文書ウィンドウを表示することができます。また、キーボードの Esc キーをタイプする他にもWord のスタート画面内のお薦めのテンプレートの中にある「白紙の文書」というサムネイルをクリックすると白紙の文書ウィンドウを開くことが可能です。もし Word を起動時にスタート画面を表示せずに白紙の文書をすぐに開きたいという場合にはオプション設定が可能です。見てみましょう。「ファイル」タブをクリックし左のメニューから「オプション」をクリックします。 「Word のオプション」のダイアログボックスが表示されました。左のメニューで一番上の「基本設定」が選択されていることを確認します。「起動時の設定」の下の方にある、「このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する」というチェックボックス。既定ではチェックが付いていますのでWord を起動した時にスタート画面が表示されます。スタート画面を非表示にしてすぐに白紙の文書を開くにはチェックボックスのチェックをクリックしてチェックを外すと良いでしょう。では、チェックボックスのチェックを外して下にあります OK ボタンをクリックします。では Word 起動時に白紙の文書が開くことを確認していきましょう。一旦 Word を終了します。右上の閉じるボタンをクリックします。では Word を起動してみましょう。この様に、 Word を起動するとすぐに白紙の文書が開きました。では、この様にスタート画面を非表示にする設定をしている時にお薦めのテンプレート一覧や最近使用したファイルの一覧を表示するにはどうするか見ておきましょう。「ファイル」タブをクリックします。左のメニューから「新規」をクリックします。これで新規のバックステージビューを表示することができ、お薦めのテンプレートの一覧が表示されます。 また、左のメニューの「開く」をクリックすると「開く」のバックステージビューを表示することができますので「最近使ったアイテム」一覧で最近使用したファイルの一覧を表示することが可能です。このレッスンでは Word の起動時に表示されるスタート画面を非表示にして白紙の文書を開くように設定を変更する方法について解説しました。

Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

Wordには意外と知られていない便利な機能やツールが数多く備わっています。このコースではすぐに役立つ小ワザや知っていると便利なツールを紹介します。Wordの既定の設定をユーザーの好みに合わせて変更する方法や、作業ウィンドウや編集記号などを目的に応じて表示させる方法、文字の入力や書式設定、表の作成や印刷に関する効果的なテクニックなどについても解説します。

1時間38分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。