Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

既定のフォントを変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Wordで作成する文書の既定のフォントを任意のフォントに変更する方法について解説します。
04:36

字幕

このレッスンでは新規で作成する文書の規定のフォントを任意のフォントに変更する方法について解説します。Word のスタート画面が表示されています。テンプレート内の「白紙の文書」をクリックすると新規作成で、新しい文書ウィンドウを表示することができます。Word 2016 の初期設定では新規で作成する文書で使われる規定のフォントは「游明朝」、そして、フォントサイズは10.5 ポイントです。また、フォントの色は「自動」となっています。では、任意の文字列を入力して確認していきましょう。入力した文字は先ほど確認したように「游明朝」10.5 ポイント、フォントの色は「自動」となっています。では、これから新規で作成する文書の既定のフォントを変更する操作を見ていきましょう。先ほど入力した文字列を選択し書式を設定します。書式を設定したい文字を選択したらフォントはフォントボックス下向き三角で「MSゴシック」をクリックします。文字がゴシック体になりました。更にフォントサイズも大きくしてみましょう。14 ポイントに変更します。文字が大きくなりました。では、フォントの色もわかりやすい様に赤色に変えていきましょう。フォントの色ボタン下向き三角で赤をクリックします。 これで、ひとまず選択した文字に書式を設定することができました。この設定した書式の組み合わせを新規作成の文書の既定のフォントとするにはどうするか見ていきましょう。書式を設定した範囲を選択します。「フォント」グループのダイアログ起動ツールをクリックすると「フォント」のダイアログボックスを表示することができます。また、この「フォント」のダイアログボックスはダイアログ起動ツールをクリックして表示する他に、選択範囲内を右クリックしてショートカットメニューの「フォント」をクリックして表示することも可能です。「フォント」のダイアログボックスの「フォント」タブでは先ほど設定した「MS ゴシック」、14 ポイント、そして、フォントの色が赤であることを確認することができます。では、この書式の組み合わせを既定のフォントに変更していきましょう。左下の「既定に設定」というボタンに注目しましょう。このボタンを使って新規で作成する文書の規定のフォントを変更することができます。では「既定に設定」をクリックします。すると「既定のフォントをMS ゴシック、14 pt 、フォントの色:赤」という様に変更する内容が表示されました。 そして、設定する対象です。この文書だけに設定するのかnormal テンプレートを使用したすべての文書に使用するのか選択できるようになっています。「この文書だけ」を選択すると作業中の文書のみに適用されます。新規で作成するすべての文書に適用したい場合には下側の「Normal.dotm テンプレートを使用したすべての文書」を選択します。下にあります OK ボタンをクリックしましょう。これで変更は完了です。では、新しい白紙の文書を表示して確認していきましょう。今作業中の文書は閉じます。「ファイル」タブをクリックして「閉じる」をクリックしましょう。「... 保存しますか?」と表示されますが保存する必要はありませんので「保存しない」をクリックして閉じます。では、新規で白紙の文書を表示しましょう。「ファイル」タブをクリックして「新規」をクリックします。テンプレートの中から「白紙の文書」をクリックします。新規作成の新しい文書ウィンドウが表示されました。では、文字を入力してみましょう。この様に、入力する文字の既定のフォントが先ほど設定した書式の組み合わせに変更されていますね。フォントは「MSゴシック」 14 ポイントそして、フォントの色が最初から赤になっています。 今回は入力した文字に書式を設定し既定のフォントを変更していきましたが「フォント」グループのダイアログ起動ツールをクリックして表示される「フォント」ダイアログボックスの「フォント」タブを使って直接、書式を設定し左下の「既定に設定」ボタンを使って規定のフォントを変更することも可能です。このレッスンでは作成する文書の既定のフォントを変更する方法について解説しました。

Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

Wordには意外と知られていない便利な機能やツールが数多く備わっています。このコースではすぐに役立つ小ワザや知っていると便利なツールを紹介します。Wordの既定の設定をユーザーの好みに合わせて変更する方法や、作業ウィンドウや編集記号などを目的に応じて表示させる方法、文字の入力や書式設定、表の作成や印刷に関する効果的なテクニックなどについても解説します。

1時間38分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。