Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

印刷しない文字や画像を隠し文字にする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文書内の印刷したくない文字や画像を隠し文字に設定する方法について解説します。また、画面上で隠し文字の表示/非表示を切り替えたり、隠し文字を含めて印刷する方法についても解説します。
06:38

字幕

このレッスンでは印刷しない文字や画像を隠し文字に設定する方法について解説します。文章内の特定の文字や画像に隠し文字を適用すると印刷をした時にその隠し文字の部分を印刷しないように設定できます。使用するファイルはPrint 1 です。画面をスクロールして文章全体を見ておきましょう。今のところ隠し文字は設定されていないことを印刷プレビューで確認しておきます。ファイルタブをクリックし「印刷」をクリックします。印刷プレビュー画面には文章内のすべての文字や画像が表示されています。隠し文字は設定されていないということです。では編集画面に戻りますのでバックステージビュー左上の左向き矢印をクリックします。編集画面に戻りました。ではこれからエントランスの見出しとその内容そして画像を含めて隠し文字を設定してみます。隠し文字を設定したい範囲をドラッグで選択します。ホームタブ フォントグループのダイアログ起動ツールをクリックします。フォントのダイアログボックスのフォントタブが表示されました。文字飾りグループの右下に「隠し文字」というチェックボックスがあります。チェックボックスをクリックして隠し文字にチェックをつけます。 下にある OK ボタンをクリックしましょう。これで選択した範囲を隠し文字に設定することができました。Word の初期設定では隠し文字の範囲は文章ウィンドウ内には表示されません。文章ウィンドウ内に隠し文字を表示したい場合には編集記号を表示すると良いでしょう。段落グループ右上の編集記号の表示・非表示ボタンを使って画面上に編集記号を表示することができます。では編集記号の表示・非表示ボタンをクリックします。これで隠し文字に設定した範囲も画面上に表示することができました。隠し文字には点線がついて表示されます。今使った編集記号の表示・非表示ボタンはクリックするごとに編集記号の表示・非表示を切り替えることができます。では隠し文字に設定した範囲が印刷されないことを確認していきましょう。印刷プレビューを見ていきます。「ファイル」タブをクリックし「印刷」をクリックします。印刷プレビューを確認しましょう。このように隠し文字に設定された部分は印刷されないようになりました。バックステージビューを閉じて編集画面に戻ります。ちなみに隠し文字を解除するには解除したい範囲をドラッグで選択し先程と同様にフォントのダイアログボックスを表示します。 隠し文字のチェックをクリックで外してOK ボタンをクリックするとこれで解除です。印刷プレビューも見ておきましょう。隠し文字を解除しましたのですべての文字と画像が印刷の対象となりました。では次に文章内の画像のみに隠し文字を設定する方法を見ていきましょう。隠し文字を設定したい画像をクリックで選択します。フォントグループのダイアログ起動ツールをクリックしようとしてもグレーアウトして使えません。そこで画像のみを隠し文字に設定するにはちょっとしたコツがあります。見ていきましょう。画像を選択するとその画像の付近にイカリのマークが表示されます。これはアンカーと言いこのアンカーのある位置の段落に画像は属しています。よってそのアンカーのある段落を文字を含めて選択することでその画像も一緒に選択することができますが今回は文字は隠し文字には設定しません。画像だけを隠したいというわけですのでこれではいけませんよね。そこでアンカーの位置を差し支えのない空白の段落に移動します。画像をクリックで選択し表示されましたアンカーにマウスポインタをポイントします。四方に矢印が表示されましたらアンカーをドラッグして差し支えのない空白の段落に移動します。 今選択している画像はこの空白の段落に属しているという設定に変わりました。よってこの画像を選択するにはアンカーを移動した空白の段落をドラッグで選択します。そうすることでこの画像のみを選択したこととなります。文字は選択されていませんね。では隠し文字を設定しましょう。フォントグループのダイアログ起動ツールをクリックします。隠し文字をクリックしてチェックをつけます。OK ボタンをクリックします。これで選択した画像を隠し文字に設定することができました。印刷プレビューを見ておきましょう。隠し文字を設定した画像のみが印刷されないように設定できました。このように画像のみを印刷されない隠し文字に設定するためにはアンカーの記号を使って差し支えのない段落のアンカーに移動しその段落を選択して隠し文字を設定すると良いでしょう。では解除をしておきますので先ほどと同様に隠し文字のチェックを外して解除をしておきます。ちなみに隠し文字も含めて印刷することも可能ですので見ておきましょう。オブション設定を確認します。ファイルタブをクリックしオプションをクリックします。Word のオプションのダイアログボックスが表示されました。 左のメニューから「表示」をクリックします。印刷オプションの項目に注目しましょう。こちらに「隠し文字を印刷する」というチェックボックスがあります。初期設定ではチェックが付いていませんので隠し文字は印刷されません。隠し文字を含めて印刷をしたい場合にはチェックボックスをクリックしてチェックをつけておくと良いでしょう。また少し上にある「常に画面に表示する編集記号」ここにも隠し文字というチェックボックスがありますので隠し文字にチェックをつけておくと編集記号を表示する設定に変えなくても画面上に常に隠し文字を表示しておくことも可能です。このようなオプション設定もありますので必要に応じて使っていきましょう。今回はキャンセルボタンをクリックしてキャンセルしておきます。このレッスンでは印刷しない文字や画像を隠し文字に設定する方法について解説しました。

Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

Wordには意外と知られていない便利な機能やツールが数多く備わっています。このコースではすぐに役立つ小ワザや知っていると便利なツールを紹介します。Wordの既定の設定をユーザーの好みに合わせて変更する方法や、作業ウィンドウや編集記号などを目的に応じて表示させる方法、文字の入力や書式設定、表の作成や印刷に関する効果的なテクニックなどについても解説します。

1時間38分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。