Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

用紙サイズに合わせて拡大・縮小して印刷する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作成した文書を印刷する用紙サイズに合わせて拡大したり縮小したりして印刷する方法について解説します。
02:53

字幕

このレッスンでは、作成した文書を用紙のサイズに合わせて拡大縮小して印刷する方法について解説します。例えば、A4 で作成した文書をA3 に拡大したり、A5 に縮小したりして印刷することができます。では、見ていきましょう。使用するファイルはPrint_1.docx です。文書が作成されています。この文書は用紙のサイズはA4 に設定されています。このように、A4 で作成した文書をB5 に縮小したりA3 に拡大して印刷したい場合用紙のサイズだけを変更してもレイアウトが崩れてしまいます。少し見ておきましょう。「レイアウト」タブをクリックします。「ページ設定」グループの「サイズ」ボタンを使って用紙のサイズを変更することができます。「サイズ」ボタンをクリックします。今は A4 が選択されています。では、B5 をクリックしましょう。用紙のサイズを B5 にしました。用紙サイズが小さくなったので内容が2ページ目にはみ出してしまいました。また、用紙のサイズを A3 にすると今度は用紙のサイズが大きくなりましたので下の方に余分な空欄が残ってしまい気になります。このように、用紙のサイズだけを変更しても内容は自動的に拡大縮小されませんのでこのあと、編集に時間がかかります。 そこで、Word には拡大縮小印刷という便利な機能があります。見ていきましょう。では、用紙のサイズはA4 に戻しておきます。「ファイル」タブをクリックします。「印刷」をクリックします。バックステージビューの右には印刷のプレビュー画面が、左には印刷の設定項目が表示されます。注目するのは印刷の設定項目の一番下です。今、「1 ページ / 枚」と表示されています。下向き三角をクリックするとリストの一番下に「用紙サイズの指定」という項目があります。ここを使って、拡大縮小印刷が可能です。今は「倍率指定なし」となっています。B5 に縮小して印刷したい場合はB5 をクリックするとB5 の用紙に合わせて全体的に縮小されて印刷されます。また、A3 に拡大したいという場合にはA3 をクリックで選択するとA3 の用紙サイズに合わせて全体的に拡大して印刷ができます。既定では「倍率指定なし」となっています。このレッスンでは、用紙のサイズに合わせて拡大縮小して印刷する方法について解説しました。

Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

Wordには意外と知られていない便利な機能やツールが数多く備わっています。このコースではすぐに役立つ小ワザや知っていると便利なツールを紹介します。Wordの既定の設定をユーザーの好みに合わせて変更する方法や、作業ウィンドウや編集記号などを目的に応じて表示させる方法、文字の入力や書式設定、表の作成や印刷に関する効果的なテクニックなどについても解説します。

1時間38分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。