Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

ダミーテキストを挿入する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文書内にダミーテキストをあっという間に挿入する方法を解説します。Wordのオートコレクトの自動修正機能を使って特定の文字をダミーテキストに自動変換できます。
03:57

字幕

このレッスンでは文書内にダミーテキストを素早く挿入する方法について解説します。Word で作成する文書の書式設定やレイアウトの設定などを確認する時にとりあえず何か文章が欲しい時があります。Word のオートコレクトの自動修正機能を使うと特定の文字を入力して自動的にダミーテキストに変換し文書内に素早く挿入することができます。では、見ていきましょう。ダミーテキストの挿入操作は段落の先頭で行いますので段落の先頭にカーソルがあることを確認します。入力する文字は半角です。日本語入力をオフにしましょう。キーボードから=rand () と入力します。rand のスペルは r-a-n-d です。このように入力してキーボードの Enter キーを押すとダミーテキストに変換されました。挿入するダミーテキストの段落の数や、段落内の文章の数を指定することもできます。見ていきましょう。段落の先頭にカーソルがあることを確認しキーボードから =rand と入力し( を入力します。続けて、段落の数を指定します。では、2 と入力します。, で区切って続いて、段落内の文章の数を指定します。3 と入力して) を入力します。これで、挿入するダミーテキストの段落の数は2つで、段落内の文章の数は3つとなります。 では、 Enter キーを押します。挿入されたダミーテキストは2つの段落で、それぞれの段落は3つの文章で構成されています。この =rand() でダミーテキストに変換されるのはWord のオートコレクトの自動修正機能の1つです。よって、オートコレクトの自動修正機能が無効になっているとダミーテキストには変換されません。では、設定を見ておきましょう。「ファイル」タブをクリックします。「オプション」をクリックします。「Word のオプション」のダイアログボックスが表示されました。左のメニューから「文章校正」をクリックします。「オートコレクトのオプション」ボタンをクリックします。「オートコレクト」のダイアログボックスが表示されました。「オートコレクト」タブをクリックします。真ん中あたりに「入力中に自動修正する」というチェックボックスがあります。初期設定ではチェックが付いていますのでダミーテキストに自動的に変換されます。このチェックボックスがオフになっていると先ほどのように =rand() と入力してEnter キーを押してもダミーテキストには変換されません。確認できたら「キャンセル」ボタンをクリックしてキャンセルしておきます。 また、入力する文字にも注意をしましょう。入力する文字は半角です。全角で=rand()を入力してEnter キーを押してもダミーテキストはなりませんので注意をしましょう。ちなみに、英文のダミーテキストを挿入することもできます。見てみましょう。段落の先頭にカーソルがあることを確認します。キーボードから =lorem と入力します。() を入力します。lorem のスペルはl-o-r-e-m です。Enter キーを押します。これで、英文のダミーテキストを挿入することができます。このレッスンでは、文書内にダミーテキストを素早く挿入する方法について解説しました。

Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

Wordには意外と知られていない便利な機能やツールが数多く備わっています。このコースではすぐに役立つ小ワザや知っていると便利なツールを紹介します。Wordの既定の設定をユーザーの好みに合わせて変更する方法や、作業ウィンドウや編集記号などを目的に応じて表示させる方法、文字の入力や書式設定、表の作成や印刷に関する効果的なテクニックなどについても解説します。

1時間38分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。