Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

定型要素をクイックパーツとして登録して挿入する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
定型要素をクイックパーツとして登録・挿入する方法解説します。文書作成時によく使う定型的な要素をクイックパーツとして登録しておくと文書内に簡単に挿入することができます。
03:51

字幕

このレッスンでは文書作成でよく使う定型要素をクイックパーツとして登録しておき文書内に簡単に挿入する方法について解説します。使用するファイルは QuickParts です。この文書の 3 ページ目のお問い合わせ先情報をクイックパーツとして登録する操作から見ていきましょう。登録したい範囲をドラッグで選択します。挿入タブをクリックします。テキストグループのクイックパーツの表示ボタンをクリックします。「選択範囲をクイックパーツギャラリーに保存」をクリックします。「新しい文書パーツの作成」というダイアログボックスが表示されました。名前の欄にはお問い合わせ先と表示されています。これは選択範囲内の1 行目に使われます。クリックでカーソルを出してキーボードから文字を入力して変更することが可能です。今回はこのままにしておきましょう。続いて保存先に注目しましょう。Building Blocks と表示されています。下向き三角をクリックするとNormal に変更することが可能です。Normal を選択してもBuilding Blocks を選択してもWord で作成するすべての文書でクイックパーツは有効です。 もし作業中の文書がテンプレートであった場合にはそのテンプレート名がリストの中に表示されますのでそのテンプレートをクリックで選択してクイックパーツを保存するとそのテンプレートを元に作成した文書のみでクイックパーツを使うことができます。では今回は Building Blocks をクリックしておきましょう。下にある OK ボタンをクリックします。これで登録は完了です。ではクイックパーツの表示ボタンをクリックして確認していきましょう。今登録したお問い合わせ先情報を確認することができます。では文書内の別のところに今登録したクイックパーツを挿入してみましょう。1 ページ目の下の方に空欄がありますのでここにお問い合わせ先情報をクイックパーツを使って挿入します。挿入した位置をクリックしてカーソルを移動しましょう。挿入タブのクイックパーツの表示ボタンをクリックします。挿入したいクイックパーツ今回はお問合せ先をクリックします。これでカーソルのあった位置に簡単にクイックパーツを挿入することができました。今同一文書内でクイックパーツを挿入しましたが登録したクイックパーツは新規で作成する文書でも有効です。見てみましょう。 ファイルタブをクリックし新規をクリックします。白紙の文書をクリックします。新規作成で新しい文書ウィンドウが表示されました。では挿入タブをクリックしてテキストグループのクイックパーツの表示ボタンをクリックします。お問い合わせ先をクリックします。これで新規作成の文書にもクイックパーツを挿入することができました。ちなみに登録したクイックパーツを削除するにはクイックパーツの表示ボタンをクリックし削除したいクイックパーツを右クリックします。下から二つ目の整理と削除をクリックします。文書パーツオーガナイザーというダイアログボックスが表示されます。削除したいクイックパーツが選択されていることを確認し下にある削除ボタンをクリックします。「選択した文書パーツを削除してもよろしいですか」と表示されますのではいをクリックします。これで削除は完了です。下にある閉じるボタンをクリックします。このレッスンでは定型要素をクイックパーツとして登録して文書内に挿入する方法について解説しました。

Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

Wordには意外と知られていない便利な機能やツールが数多く備わっています。このコースではすぐに役立つ小ワザや知っていると便利なツールを紹介します。Wordの既定の設定をユーザーの好みに合わせて変更する方法や、作業ウィンドウや編集記号などを目的に応じて表示させる方法、文字の入力や書式設定、表の作成や印刷に関する効果的なテクニックなどについても解説します。

1時間38分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。