Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

日付・時刻を挿入するツールとショートカットキー

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
日付や時刻を挿入する便利な機能について解説します。現在の日付や時刻は一覧から好みの表示形式を選択して挿入したり、ショートカットキーですばやく入力したりできます。
05:22

字幕

このレッスンでは文書内に現在の日付や時刻を素早く挿入する方法について解説します。一覧から好みの表示形式を選択して簡単に日付や時刻を挿入するツールが用意されています。また、ショートカットキーを使って素早く日付や時刻を入力することもできます。では、見ていきましょう。使用するファイルはDay.docx という名前のファイルですカタログの注文書が作成されています。では、これから日付や時刻を挿入するツールを使って「ご注文日」の項目名の右に現在の日付を挿入する操作を見ていきましょう。日付を挿入する位置をマウスでクリックしてカーソルを移動します。「挿入」タブをクリックします。「テキスト」グループの「日付と時刻」のボタンをクリックします。「日付と時刻」のダイアログボックスが表示されました。「表示形式」のリストボックス内で様々な表示形式をクリックで選択して日付を挿入することができます。また、右には「言語の選択」というボックスがあります。今、「日本語」になっています。下向き三角をクリックすると英語に切り替えることができます。「英語(米国)」を選択すると「表示形式」は英語のものに変わります。では、言語は「日本語」に戻しておきましょう。 また、その下には「カレンダーの種類」を変更するボックスもあります。今、「和暦」になっています。下向き三角をクリックして「グレゴリオ暦」をクリックすると西暦に変更することができます。また、グレゴリオ暦を選択した場合には時刻を挿入することも可能です。では、「カレンダーの種類」は「和暦」に戻しておきましょう。「表示形式」のリストボックス内で挿入する日付をクリックで選択していきます。では、今回は一番上の「平成何年何月何日」という形式をクリックで選択しましょう。右下にあります「自動的に更新する」というチェックボックスに注目します。「自動的に更新する」のチェックボックスにチェックを付けて挿入した日付や時刻はフィールドとして挿入されますので常に最新の状態に更新することができます。コンピューターの内蔵時計が示す現在の日付や時刻が表示されるというわけです。チェックを付けずに挿入した日付や時刻は単純な文字として挿入することができ自動的には更新されない固定した日付や時刻となります。では今回は自動的に更新する日付にしますので「自動的に更新する」にチェックを付けてOK ボタンをクリックします。これで、カーソルのあった所に現在の日付が挿入されました。 挿入した日付内にクリックでカーソルを移動すると網かけ表示になります。これは、フィールドとして挿入されているというサインです。ちなみに、この網かけは印刷には映りません。フィールドとして挿入した日付や時刻のフィールドコードを画面上に表示することができます。見てみましょう。挿入した日付を右クリックします。ショートカットメニューの「フィールドコードの表示 / 非表示」をクリックします。これでフィールドコードを表示することができました。このようなフィールドコードが挿入されていますのでコンピューターの内蔵時計が示す現在の日付に自動更新されるわけです。では、フィールドコードを非表示にしておきましょう。フィールドコードを右クリックし「フィールドコードの表示 / 非表示」をクリックします。これで、フィールドコードを非表示にし、元の日付の表示形式に戻すことができました。また、挿入した日付や時刻を削除するには削除したい日付や時刻の右にクリックでカーソルを移動しキーボードのBackspace キーを押します。これで削除することができます。フィールドとして挿入した日付や時刻はひとかたまりで扱われますのでBackspace キーを押しすぎないように注意しましょう。 では次に、ショートカットキーを使って現在の日付を挿入する操作を見ていきましょう。現在の日付を挿入するショートカットキーはAlt + Shift + D です。日付は Day ですのでその頭文字 を取ってD と覚えておくと良いでしょう。では、日付けを挿入する位置にカーソルがあることを確認しキーボードの Alt キーとShift キーを押さえます。そして、D キーを押します。これで、カーソルのあった所に現在の日付を挿入することができました。ショートカットキーを使って挿入した日付もフィールドとして挿入されます。先ほどと同じ様に右クリックしてフィールドコードの表示 / 非表示を切り替えることが可能です。また、現在の時刻を挿入するショートカットキーはAlt + Shift + T です。時刻は Time ですのでその頭文字を取ってT と覚えておくと良いでしょう。では、カーソルがある所に現在の時刻も挿入してみましょう。キーボードの Alt キーとShift キーを押さえてT キーを押します。これで、現在の時刻を挿入することができました。このような便利なショートカットキーもありますので覚えておくと良いでしょう。 このレッスンでは現在の日付や時刻を挿入するツールとショートカットキーについて解説しました。

Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

Wordには意外と知られていない便利な機能やツールが数多く備わっています。このコースではすぐに役立つ小ワザや知っていると便利なツールを紹介します。Wordの既定の設定をユーザーの好みに合わせて変更する方法や、作業ウィンドウや編集記号などを目的に応じて表示させる方法、文字の入力や書式設定、表の作成や印刷に関する効果的なテクニックなどについても解説します。

1時間38分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。