Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

文字列を効率よく選択する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
編集する範囲を効率よく選択する方法について解説します。キーボードやマウスでの効果的な範囲選択や注意点を知ることができます。
04:02

字幕

このレッスンでは文字列を効率よく選択する方法について解説します。離れた文字列の同時選択や選択範囲の修正また、単語単位やブロック単位での選択に加えて文書全体を素早く選択する方法など様々な選択方法を紹介します。使用するファイルは Text_3 です。Word で文章を編集するには編集したい範囲を選択してからコマンドを実行します。よって、範囲選択は作業効率をアップする為の大きなポイントとなります。通常、文字を選択するには選択したい文字をドラッグして文字単位で指定します。その他にも行を選択するには目的の行の左余白にマウスポインタをポイントしクリックすると1行垂直方向にドラッグすると複数行選択することができます。文字単位や行単位の選択の他にも効率の良い選択方法が幾つかありますので見ていきましょう。まずは、離れた文字列の同時選択です。離れた文字列を同時に選択するにはキーボードの Ctrl キーを使います。まず1箇所目は普通にドラッグして文字単位で選択します。その後、キーボードのCtrl キーを押さえて2箇所目をドラッグします。これで離れた文字列を同時に選択することができます。Ctrl を押さえている間は次々と離れている文字列を同時に選択していくことができます。 このように選択しておいてコマンドを実行すると離れている文字列に同じコマンドを素早く実行することができます。離れている文字を選択するにはCtrl キーを使うと良いでしょう。因みに、連続している範囲を選択するにはShift キーが便利です。選択したい範囲の先頭にクリックでカーソルを出しShift キーを押さえたまま選択範囲の末尾をクリックするとカーソルのあった所から Shift キーを押さえてクリックした所まで連続した範囲を選択することができます。この Shift キーを使うと選択範囲を修正できます。Shift キーを押さえたまま文書内の任意の位置をクリックします。するとそのクリックした位置が選択範囲の末尾となります。Shift キーを押さえてクリックすることで選択範囲を縮めたり広げたりすることができます。続いて、ブロック単位で文字を選択する操作を見ていきましょう。キーボードの Alt キーを使います。キーボードの Alt キーを押さえて文字をブロック状にドラッグします。するとこのようにブロック単位で選択することができます。コマンドを実行するとブロック単位でそのコマンドが実行されます。このようにブロック単位で文字を選択するにはキーボードの Alt キーを押さえてドラッグすると良いでしょう。 では次に、単語単位で文字を選択する操作を見ていきましょう。文書内の任意の文字列をダブルクリックします。するとダブルクリックした文字を単語単位で選択することができます。文字をダブルクリックして単語単位で選択することができますので覚えておくと良いでしょう。では最後に、文書全体を効率よく選択する方法を紹介します。左余白にマウスポインタをポイントしマウスポインタの形が右向きの白い矢印に変わったらトリプルクリックします。このように左余白をトリプルクリックすることで文書全体を素早く選択することができます。このレッスンでは文字列を効率よく選択する幾つかの方法を解説しました。

Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

Wordには意外と知られていない便利な機能やツールが数多く備わっています。このコースではすぐに役立つ小ワザや知っていると便利なツールを紹介します。Wordの既定の設定をユーザーの好みに合わせて変更する方法や、作業ウィンドウや編集記号などを目的に応じて表示させる方法、文字の入力や書式設定、表の作成や印刷に関する効果的なテクニックなどについても解説します。

1時間38分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。