Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

文字列を表に変換する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
既存の文字列を表に変換する操作について解説します。文書内にあらかじめ入力されている文字列を表内に配置することができます。
03:03

字幕

このレッスンでは文書内に予め入力されている文字列を表に変換する方法について解説します。使用するファイルは Table_1 です。文書内に入力されている「日時」から「問い合わせ先」までの文字列を表に変換する操作を見ていきましょう。文字列を表に変換するには列や行の区切りとなるところに区切り文字が必要です。行の区切りは段落記号が使われます。段落記号はキーボードのEnter キーを押して段落を作成すると自動的に挿入されます。では、列の区切りはというと列の区切りには一般的にはタブが使われます。では列の区切りとするところにタブを挿入していきましょう。タブはキーボードの Tab キーを使って挿入することができます。今回は日時・場所・問い合わせ先の項目名を1列目とし内容を2列目とします。「日時」の右にクリックでカーソルを移動しキーボードの Tab キーをタイプします。これでカーソル位置にタブを挿入することができました。タブが挿入されていることがよく分かるように編集記号を表示しておきましょう。「ホーム」タブ「段落」グループの右上の「編集記号の表示 / 非表示」ボタンをクリックします。これで画面上に編集記号を表示することができました。 編集記号は印刷には写りません。タブが挿入されている所には右向きの矢印が表示されます。今使った「編集記号の表示 / 非表示」ボタンをクリックする毎に編集記号の表示 / 非表示を切り替えることができます。では続けて、「場所」の右にクリックでカーソルを移動しタブを挿入します。「問い合わせ」の右にカーソルを移動しタブを挿入します。これで列の区切りとするところに区切り文字のタブを挿入することができました。では表に変換していきましょう。変換したい範囲を選択します。「挿入」タブをクリックします。「表」グループの「表」ボタンをクリックします。「文字列を表にする」をクリックします。「文字列を表にする」のダイアログボックスが表示されました。列数と行数を確認することができます。列数 2 、行数 3 となっていますね。文字列の区切りは「タブ」が選択されています。タブの他にもカンマやその他の文字を列の区切りとすることもできます。今回はタブですので、タブが選択されていることを確認し下にある OK ボタンをクリックします。これで選択した文字列を表に変換することができました。列の区切り文字タブを挿入した所で列が区切られていますね。 日時・場所・問い合わせが1列目で内容が2列目に配置されました。このレッスンでは文書内に予め入力されている文字列を表に変換する方法について解説しました。

Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

Wordには意外と知られていない便利な機能やツールが数多く備わっています。このコースではすぐに役立つ小ワザや知っていると便利なツールを紹介します。Wordの既定の設定をユーザーの好みに合わせて変更する方法や、作業ウィンドウや編集記号などを目的に応じて表示させる方法、文字の入力や書式設定、表の作成や印刷に関する効果的なテクニックなどについても解説します。

1時間38分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。