Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

編集記号を表示してレイアウトを整えやすくする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
編集記号の表示/非表示について解説します。改ページ、段区切り、セクション区切りなどの文書の区切りや、タブ文字、スペースなどの文字の区切りを画面上に表示することができます。
05:30

字幕

このレッスンでは文書ウィンドウに編集記号を表示する方法について解説します。画面に編集記号を表示しておくとレイアウトを整える作業がしやすくなります。では見ていきましょう。使用するファイルはInterior Guide です。まずは Word の初期設定で画面上に表示されている編集記号から見ていきましょう。代表的な編集記号が段落記号です。キーボードの Enter キーを押すと作成される段落のある位置には段落記号が表示されます。この段落記号が表示されていることで文書内の空欄に段落が作成されているということを確認することができます。段落記号の他にも図形を選択すると表示される碇のマーク、これをアンカーと言います。文書内に配置した図形はこのアンカーのある段落に属しています。この様な編集記号は印刷には写りません。編集記号を表示しておくことで文書のレイアウトが整いやすくなります。ではその他にも様々な編集記号がありますので画面上に表示して見ていきましょう。その他の編集記号を表示するには「ホーム」タブ>「段落」グループの右上の「編集記号の表示/非表示」ボタンをクリックします。これで画面上に編集記号を表示することができました。 1ページ目の目次の項目名とページ番号の間にはタブが挿入されています。タブが挿入されている位置には右向きの矢印の編集記号が表示されます。また 少し下をみると「改ページ」という編集記号が表示されました。この位置に改ページが挿入されているということです。その他にも空白を示す編集記号もあります。2ページ目の下の方に注目しましょう。では わかりやすいように画面を拡大しておきます。全角スペースで挿入した空白には四角い編集記号が半角スペースで挿入した空白には小さい点の編集記号が表示されます。「編集記号の表示/非表示」ボタンがオフになっていると文書内の空白に全角スペースが挿入されているのか半角スペースが挿入されているのか少し判断しづらいです。そこで 編集記号を表示することで全角スペースと半角スペースを編集記号で確認することができます。では 画面の倍率は100%に戻しておきます。その他にも 文書内で異なるレイアウトを扱う時のセクション区切りの編集記号を画面上に表示することもできます。4ページ目の一番下にセクション区切りの編集記号が表示されました。この位置から 新しいセクションが始まっています。その証拠に5ページ目は用紙の向きが横置きで文字の入力方向が縦書きになっていますね。 セクション区切りを挿入することで同一文書内で異なるレイアウトを扱うことができます。編集記号を表示していますので、セクション区切りの挿入位置がよくわかりますがもし、編集記号がオフになっているとどこにセクション区切りが挿入されているのかよくわかりません。そこで文書を編集している時に誤ってセクション区切りを削除してしまったりするとこの様にレイアウトが崩れてしまいます。元に戻すをクリックして戻しておきます。編集記号を表示することで画面上でしっかりとセクション区切りを確認することができますので高度な文書作成でのレイアウト作業にも効果的です。この様に「ホーム」タブ>「段落」グループの「編集記号の表示/非表示」ボタンをクリックして、画面上で編集記号を表示したり非表示にすることができます。繰り返しになりますが、編集記号は印刷には写りません。また、編集記号をオフにしていても一番最初に確認した段落記号と画像を選択して表示されるアンカーの編集記号は画面上に表示されます。この段落記号やアンカーの編集記号も「編集記号の表示/非表示」ボタンを使って表示、非表示を切り替えたい場合には設定の変更が可能です。見てみましょう。 「ファイル」タブをクリックします。「オプション」をクリックします。Word のオプションのダイアログボックスの「表示」をクリックします。常に画面に表示する編集記号の段落記号とアンカー記号に初期設定でチェックが付いています。ここで段落記号のチェックを外してOK ボタンをクリックすると段落記号は「編集記号の表示/非表示」ボタンを使って、表示、非表示が切り替えられ得るようになります。確認できたら今回は「キャンセル」ボタンをクリックしてキャンセルしておきます。このレッスンでは「編集記号の表示/非表示」ボタンを使って、画面上に編集記号を表示したり、非表示にする操作と表示される様々な編集記号の種類について解説しました。

Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

Wordには意外と知られていない便利な機能やツールが数多く備わっています。このコースではすぐに役立つ小ワザや知っていると便利なツールを紹介します。Wordの既定の設定をユーザーの好みに合わせて変更する方法や、作業ウィンドウや編集記号などを目的に応じて表示させる方法、文字の入力や書式設定、表の作成や印刷に関する効果的なテクニックなどについても解説します。

1時間38分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。