Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

編集を制限して文書を保護する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
文書の保護について解説します。文書内の情報を変更されないように制限できます。部分的に編集を許可することも可能です。
05:17

字幕

このレッスンでは文書の編集を制限して文書を保護する方法について解説します。使用するファイルは Interior Fair です。文書を保護することで文書内の情報を変更されないように制限することができます。また、部分的に編集を許可することも可能です。ではこの文書を保護する操作を見ていきましょう。その際に1行目の発信日だけは後から編集できるように設定していきます。「校閲」タブをクリックします。「保護」グループの「編集の制限」ボタンをクリックします。すると、文書ウィンドウの右に「編集の制限」の作業ウィンドウが表示されました。では今回は読み取り専用で保護していきましょう。「編集の制限」の「ユーザーに許可する編集の種類を指定する」のチェックボックスにチェックを付けます。「変更不可(読み取り専用)」となっていることを確認しましょう。下向き三角をクリックして「変更履歴」や「コメント」 「フォームの入力」などを許可することも可能です。では今回は「変更不可(読み取り専用)」とします。では続いて、例外オプションを設定しましょう。保護をした後も1行目の発信日は編集を許可するので例外オプションを設定します。編集を許可する1行目の発信日をドラッグで選択します。 例外オプションのグループ内の「すべてのユーザー」にチェックを付けます。こうすることで保護をした後も選択した範囲の発信日はすべてのユーザーが変更可能となります。では文書を保護しますので作業ウィンドウの下の方に表示されている「はい保護を開始します」のボタンをクリックします。すると、「保護の開始」のダイアログボックスが表示されました。パスワードを指定しておくことも可能です。パスワードを指定しておくと保護を解除する際にパスワードの入力が求められます。では今回も任意のパスワードを指定しておきましょう。パスワードを入力しOK ボタンをクリックします。これで文書を保護することができました。編集可能とする例外オプションを設定したところには黄色い色がついて表示されます。この黄色い色の強調表示は作業ウィンドウ内の「編集可能な領域を強調表示する」のチェックボックスを使って表示 / 非表示を切り替えることができます。分かりやすいようにチェックを付けて強調表示しておきましょう。では文書が保護されたことを確認します。例えば会社名を変更しようとして会社名の文字内にクリックでカーソルを出しキーボードの Backspace キーやDelete を使って文字を削除しようとしたりその他のキーをタイプして文字を入力しようとしても保護がかかっていて制限されていますので入力することができません。 また、「ホーム」タブを見るとフォントグループのボタンや段落グループのボタンもグレーアウトして使えない状態ですね。書式設定も変更することができません。但し、例外オプションを設定した発信日だけは文字の入力と書式設定が可能です。見てみましょう。では発信日の 19 日を22 日に変更します。キーボードから文字を入力することができます。また、「ホーム」タブのフォントグループのボタンや段落グループのボタンも色がついて使える状態となっていることを確認することができます。段落グループの中央揃えボタンをクリックして配置を変更したり文字列を選択し太字を設定することなども可能です。このように例外オプションを設定した所は文字の入力と書式設定の変更が可能です。では次に、保護を解除する操作を見ていきましょう。編集の制限の作業ウィンドウ内の1番下の「保護の中止」ボタンをクリックします。すると「文書保護の解除」というダイアログボックスが表示されパスワードの入力が求められます。先程保護をする時にパスワードを設定したからです。では設定したパスワードを入力しOK ボタンをクリックします。これで保護を解除することができました。 文書全体が編集可能となります。また、今回は使いませんでしたが編集の制限の作業ウィンドウの1番上の書式の制限のチェックボックス「利用可能な書式を制限する」にチェックを付けておくと例外オプションを設定した所に対しても書式の制限をかけることも可能です。また、編集の制限の作業ウィンドウは右上の閉じるボタンをクリックすると閉じることができます。再表示するには「校閲」タブの「保護」グループ「編集の制限」ボタンをクリックするとこれで作業ウィンドウを再表示することができますので覚えておくとよいでしょう。このレッスンでは文書を保護し編集を制限する方法について解説しました。

Word 2016 すぐに役立つ小ワザ集

Wordには意外と知られていない便利な機能やツールが数多く備わっています。このコースではすぐに役立つ小ワザや知っていると便利なツールを紹介します。Wordの既定の設定をユーザーの好みに合わせて変更する方法や、作業ウィンドウや編集記号などを目的に応じて表示させる方法、文字の入力や書式設定、表の作成や印刷に関する効果的なテクニックなどについても解説します。

1時間38分 (24 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年08月26日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。