Illustratorにおけるトレース技術

ペンツールトレースの応用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
曲線や、複雑な構成の画像をペンツールで再構築するときのスキルについて解説します。
講師:
08:26

字幕

このレッスンでは 曲線で構成された画像をペンツールで再構築する時のスキルについて解説します。この画像はすべてのパーツが曲線のみで構成されています。この場合は図形ツールを応用して使う要素が全くありません。この様な画像に対してはペンツールが最も有効なツールであると考えられます。それでは トレースの手順を見ていきます。まず、レイヤーパネルを開き元の画像があるレイヤーをoriginal としてロックをかけます。これにより 間違ってこの画像を動かしてしまったり消去してしまったりそれを防ぎます。そして 新規レイヤーをそのレイヤーの上に作りこれをトレース専用のレイヤーと設定します。トレースを始める前に、必ずトレースのレイヤーが選択されていることを確認してから、ペンツールでトレースに移っていきます。最初に、線と塗りの設定を変更します。この場合、塗りがあると途中経過が見にくくなるので塗りはなしに設定します。線の色は、特に、この場合は決まりはないのですが元画像に対して見えやすい色を選択すると作業効率がはかどります。この場合、元画像が少し暗めの色なので明るめの色を選択します。この画像では大きく分けてこの部分と両方の葉っぱの部分そして真ん中の部分3つのオブジェクトを作成していくそういう手順になります。 それでは、まず最初に作成するオブジェクトに対してできるだけ拡大表示を施し、実際にペンツールでトレースしていきます。曲線をトレースする場合には曲線をコントロールするハンドルの長さとハンドルの角度これを調整しながら最適な角度を見つけて下さい。そして、この様に曲線があり次にコーナーを作ってから曲線に行くそのような場合には Windows の Alt キーまたは Mac の Option キーこれを押して下さい。押してる間はコントロールハンドルが片方だけ動きます。これによってここのコーナーをきちんと作成しこの様に曲線とコーナーこれをスムーズに連続することができます。同じように、この位置で左側に少し曲線を作りました。ただこの部分では尖ったポイントになるのでここでまた Alt キーまたは Option キーを押します。この様にしてオブジェクトの輪郭をとるそのような感じで描画を進めていきます。こういった図形で、開始点が終止点と重なる時に必ずこの様にカーソルのペンツールのアイコンの横に小さな丸の表示がでるのを確認して下さい。これにより、クローズパスの図形が作成されます。同じように次のオブジェクトもトレースしていきます。 曲線をトレースする場合にはOption キー、または Alt キーの使い方が鍵になってきます。そして最後は、必ずクローズパスであることを確認して下さい。最後のこの部分ですが先に輪郭を作成して内側の輪郭、これを別に作成する手順で行きます。もしこのトレース中に元画像とピッタリ一致しない場合には心配せずに、そのまま作業を進めていく方が効率が上がると思います。一致していない箇所に関しては後でダイレクト選択ツールなどで修正を施します。そして、やはり最後はクローズパスであることを確認して下さい。同じように内側の輪郭も作成していきます。この様になりました。この部分が多少元の画像と比べて一致していない箇所があります。それを修正します。この様にして、修正は比較的簡単なのでペンツールを使って完璧にトレースしようという風に考えすぎて作業が遅くなるよりもある程度のトレースができたのであれば完璧に一致しなくてもそのまま作業を進めて、最後にこの様に修正を加えるこの方が作業効率が上がります。ここで塗りを反転して元画像に近づけていきます。この時に中の輪郭で型抜きをしないといけないのでこの2つのオブジェクトを選択します。 ここではシェイプ形成ツールを使っていきます。シェイプ形成ツールで型抜きを行う場合にはWindows の Alt キー、または Mac の Option キーを押しながら型抜きする部分をクリックします。そうすることで型抜きが完了します。こちらが元画像これがトレースした後のベクターオブジェクトです。このレッスンでは、曲線で構成されている画像をペンツールで再構築する時のスキルについて解説しました。

Illustratorにおけるトレース技術

Illustratorのベクター形式はビットマップ画像とはまったく違う性質を持っています。しかしトレーススキルを上達させることでアートワーク作成の幅がより広がり、さまざまな画像をベクター化することが可能になります。このコースでは実際にデザイン過程においてどのようにトレースが使われるのかを作例をまじえながら説明します。

2時間43分 (31 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年08月29日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。